◆アトピーの方に朗報!『脂質』だけは良く選ぼう!

アトピー性皮膚炎 肌活

◆アトピーの方に朗報!『脂質』だけは良く選ぼう!

こんにちは!

三鷹タイ古式マッサージ リラックス・ボディです。

あなたは日常生活において慢性的なつらいアトピーの
症状でお困りではありませんか?

三鷹アトピー性皮膚炎

三鷹アトピー性皮膚炎

当店ではアトピー性皮膚炎の患者様には、『脂質だけは良く選ぼう!』
とアドバイスしているんです。

『口から摂取する栄養素を外から行なう肌活と効果的な合わせ技にするには、
何を気をつければいいんですか?』と聞かれる方もいるんですよ!

ちなみに、三大栄養素とビタミン、ミネラル、および発酵食品については、
次のことを知っておくとよいと思うんです。

まず、三大栄養素についてお伝えします。

タンパク質、炭水化物、脂質の三大栄養素は、皮膚を作る時の土台となり、
表皮のターンオーバーの動力としても働く大切な栄養素なんです。

中でも、重要なのは脂質なんです。

脂質は健康な皮膚を保つ材料となるうえに、ビタミンA・D・Eといった
脂溶性ビタミンなどの吸収にも役立っているからなんです。

さらに、脂質の構成成分である脂肪酸は、皮膚に大きな影響を及ぼすんです。

皮膚にとっておすすめなのは、アレルギーや炎症を抑える作用がある
『オメガ3系脂肪酸』なんです。

代表はイワシやサバ、サンマなどの青魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)や
DHA(ドコサヘキサエン酸)、エゴマ油やアマニ油に豊富なアルファリノレン酸なんです。

これらは人間の体内では作れない必須脂肪酸でもあるんです。

一方、皮膚にとって注意すべきなのは、『オメガ6系脂肪酸』なんです。

代表は、大豆油やコーン油といった植物油に豊富なリノール酸なんです。

摂取し過ぎると、免疫細胞が働きにくくなってしまうんです。

アトピー性皮膚炎を含む皮膚のアレルギー性炎症などの悪化を引き起こし、
かゆみの増悪に関わるんです。

ただし、オメガ6系脂肪酸が悪いわけではないんですよ!

リノール酸は必須脂肪酸でもありますし、血中コレステロールを下げるといった
作用もあるんですよ!

大切なのは、やっぱりバランスよく摂取することなんです。

厚生労働省は、オメガ3系と6系の割合が1対4を理想としているんです。

しかし、実情は1対10~30。

私たちはオメガ6を圧倒的に多く摂取しすぎているんです。

特にリノール酸がお菓子、パン、カップ麺、加工食品、ファストフードに多く
含まれるためなんです。

こうした『見えない油』の摂取過多がかゆみの原因となっている可能性が
あることに記憶しておきましょう!

ちなみに、私自身は肌活の一環として、こんなことを実践しているんです。

●原材料表示に『植物性油脂』とある加工食品は、リノール酸が使われている
可能性が高いので控えているんです。

●週に3~4回は青魚を食べて、EPAやDHAを摂取する。

●オメガ3系は熱に弱く酸化しやすいため、調味料やドレッシングとして
生食する。

●加熱調理にはオメガ9系の多いオリーブ油を使う。

オメガ9系の油は熱に強いうえ、活性酸素除去作用を持っているんです。

なので、オメガ9系が不足すると、皮膚が酸化してしまい、皮脂などが
参加した過酸化脂質が増え、これが肌荒れやお肌の乾燥を引き起こし、
かゆみにつながってしまうんです。

まとめると、
アトピー性皮膚炎の患者様には、『脂質だけは良く選ぼう!』とアドバイスしているんです。

三大栄養素とビタミン、ミネラル、および発酵食品については、
次のことを知っておくとよいですよ!

まず、三大栄養素についてお伝えします。

タンパク質、炭水化物、脂質の三大栄養素は、皮膚を作る時の土台となり、
表皮のターンオーバーの動力としても働く大切な栄養素となっているんです。

中でも、特に重要なのは脂質なんです。

実は脂質は健康な皮膚を保つ材料となるうえに、ビタミンA・D・Eといった
脂溶性ビタミンなどの吸収にもとても役立っているからなんです。

さらに、脂質の構成成分である脂肪酸は、皮膚に大きな影響を及ぼしているんです。

皮膚にとっておすすめなのは、アレルギーや炎症を抑える作用がある
『オメガ3系脂肪酸』なんです。

代表はイワシやサバ、サンマなどの青魚に多く含まれるEPAやDHAなんです。

これらは人間の体内では作ることのできない必須脂肪酸でもあるんです。

一方、皮膚にとって注意すべきなのは、『オメガ6系脂肪酸』なんです。

その代表は、大豆油やコーン油といった植物油に豊富なリノール酸なんです。

摂取し過ぎると、免疫細胞が働きにくくなってしまうんです。

アトピー性皮膚炎を含む皮膚のアレルギー性炎症などの悪化を引き起こし、
かゆみの増悪に関わるのでご注意ください。

しかし、リノール酸は必須脂肪酸でもありますし、血中コレステロールを下げるといった
作用もあるんですよ!

大切なのは、やっぱりバランスよく摂取することなんです。

それから、加熱調理にはオメガ9系の多いオリーブ油を使うのがオススメ。

オメガ9系の油は熱に強いうえ、活性酸素除去作用を持っているんです。

なので、オメガ9系が不足すると、皮膚が酸化してしまい、皮脂などが
参加した過酸化脂質が増え、これが肌荒れやお肌の乾燥を引き起こし、
かゆみの原因につながってしまうんです。

ということから、食生活においても食育として、肌活の一環として
アトピー性皮膚炎を抑えていくためにも、実践してみませんか?

かゆみや湿疹を抑えることができて、アトピーからくるストレスや
イライラを解消することができるんですよ!

ぜひ、肌活を行なってみてください。

こんにちは!

三鷹タイ古式マッサージ リラックス・ボディです。

あなたは日常生活において慢性的なつらいアトピーの
症状でお困りではありませんか?

当店ではアトピー性皮膚炎の患者様には、『脂質だけは良く選ぼう!』
とアドバイスしているんです。

『口から摂取する栄養素を外から行なう肌活と効果的な合わせ技にするには、
何を気をつければいいんですか?』と聞かれる方もいるんですよ!

ちなみに、三大栄養素とビタミン、ミネラル、および発酵食品については、
次のことを知っておくとよいと思うんです。

まず、三大栄養素についてお伝えします。

タンパク質、炭水化物、脂質の三大栄養素は、皮膚を作る時の土台となり、
表皮のターンオーバーの動力としても働く大切な栄養素なんです。

中でも、重要なのは脂質なんです。

脂質は健康な皮膚を保つ材料となるうえに、ビタミンA・D・Eといった
脂溶性ビタミンなどの吸収にも役立っているからなんです。

さらに、脂質の構成成分である脂肪酸は、皮膚に大きな影響を及ぼすんです。

皮膚にとっておすすめなのは、アレルギーや炎症を抑える作用がある
『オメガ3系脂肪酸』なんです。

代表はイワシやサバ、サンマなどの青魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)や
DHA(ドコサヘキサエン酸)、エゴマ油やアマニ油に豊富なアルファリノレン酸なんです。

これらは人間の体内では作れない必須脂肪酸でもあるんです。

一方、皮膚にとって注意すべきなのは、『オメガ6系脂肪酸』なんです。

代表は、大豆油やコーン油といった植物油に豊富なリノール酸なんです。

摂取し過ぎると、免疫細胞が働きにくくなってしまうんです。

アトピー性皮膚炎を含む皮膚のアレルギー性炎症などの悪化を引き起こし、
かゆみの増悪に関わるんです。

ただし、オメガ6系脂肪酸が悪いわけではないんですよ!

リノール酸は必須脂肪酸でもありますし、血中コレステロールを下げるといった
作用もあるんですよ!

大切なのは、やっぱりバランスよく摂取することなんです。

厚生労働省は、オメガ3系と6系の割合が1対4を理想としているんです。

しかし、実情は1対10~30。

私たちはオメガ6を圧倒的に多く摂取しすぎているんです。

特にリノール酸がお菓子、パン、カップ麺、加工食品、ファストフードに多く
含まれるためなんです。

こうした『見えない油』の摂取過多がかゆみの原因となっている可能性が
あることに記憶しておきましょう!

ちなみに、私自身は肌活の一環として、こんなことを実践しているんです。

●原材料表示に『植物性油脂』とある加工食品は、リノール酸が使われている
可能性が高いので控えているんです。

●週に3~4回は青魚を食べて、EPAやDHAを摂取する。

●オメガ3系は熱に弱く酸化しやすいため、調味料やドレッシングとして
生食する。

●加熱調理にはオメガ9系の多いオリーブ油を使う。

オメガ9系の油は熱に強いうえ、活性酸素除去作用を持っているんです。

なので、オメガ9系が不足すると、皮膚が酸化してしまい、皮脂などが
参加した過酸化脂質が増え、これが肌荒れやお肌の乾燥を引き起こし、
かゆみにつながってしまうんです。

まとめると、
アトピー性皮膚炎の患者様には、『脂質だけは良く選ぼう!』とアドバイスしているんです。

三大栄養素とビタミン、ミネラル、および発酵食品については、
次のことを知っておくとよいですよ!

まず、三大栄養素についてお伝えします。

タンパク質、炭水化物、脂質の三大栄養素は、皮膚を作る時の土台となり、
表皮のターンオーバーの動力としても働く大切な栄養素となっているんです。

中でも、特に重要なのは脂質なんです。

実は脂質は健康な皮膚を保つ材料となるうえに、ビタミンA・D・Eといった
脂溶性ビタミンなどの吸収にもとても役立っているからなんです。

さらに、脂質の構成成分である脂肪酸は、皮膚に大きな影響を及ぼしているんです。

皮膚にとっておすすめなのは、アレルギーや炎症を抑える作用がある
『オメガ3系脂肪酸』なんです。

代表はイワシやサバ、サンマなどの青魚に多く含まれるEPAやDHAなんです。

これらは人間の体内では作ることのできない必須脂肪酸でもあるんです。

一方、皮膚にとって注意すべきなのは、『オメガ6系脂肪酸』なんです。

その代表は、大豆油やコーン油といった植物油に豊富なリノール酸なんです。

摂取し過ぎると、免疫細胞が働きにくくなってしまうんです。

アトピー性皮膚炎を含む皮膚のアレルギー性炎症などの悪化を引き起こし、
かゆみの増悪に関わるのでご注意ください。

しかし、リノール酸は必須脂肪酸でもありますし、血中コレステロールを下げるといった
作用もあるんですよ!

大切なのは、やっぱりバランスよく摂取することなんです。

それから、加熱調理にはオメガ9系の多いオリーブ油を使うのがオススメ。

オメガ9系の油は熱に強いうえ、活性酸素除去作用を持っているんです。

なので、オメガ9系が不足すると、皮膚が酸化してしまい、皮脂などが
参加した過酸化脂質が増え、これが肌荒れやお肌の乾燥を引き起こし、
かゆみの原因につながってしまうんです。

ということから、食生活においても食育として、肌活の一環として
アトピー性皮膚炎を抑えていくためにも、実践してみませんか?

かゆみや湿疹を抑えることができて、アトピーからくるストレスや
イライラを解消することができるんですよ!

ぜひ、肌活を行なってみてください。

関連記事

最近の記事

  1. 蚊に刺された時に爪でバッテン印をつけるとかゆみが治まるのはなぜです…

  2. 「アロネーシス」(痒覚過敏)とはどんなものですか?

  3. 男性と女性でかゆみの感じ方に違いはありますか?

  4. かけばかくほど炎症が悪化するのはなぜですか?