アトピー食事法

当店のアトピー性皮膚炎も治療法のテーマは『肌活』なんですよ!

アトピー性皮膚炎の治療法として、根治を目指すのに『アトピー改善セラピー』の施術だけでは、まだまだ効果が発揮できません。

それには日常生活における食事が原因になってきます。

アトピー性皮膚炎の症状が出てきた原因のほとんどのケースは昔からの食生活です。(まれに生まれつきの方もおられます。)

なので、当店がアドバイスする食生活は、1日・2日で食べたものを指しません。

昔からの食生活の改善を一番重要視しています。

当店では食生活の指導・アドバイスを通じて、『食育』として、アトピー性皮膚炎の根治に向けて行います。

なので、アトピー性皮膚炎根治の肌活活動として、『食育』をしっかりと指導・アドバイスします。

食生活指導・アドバイス⇒『食育』

  • 食品添加物を止める。
  • 砂糖を止める。
  • 塩(食塩:塩化ナトリウム)を止める。⇒天然塩、岩塩に変える。
  • 発酵食品を積極的に摂取
  • ミネラルを摂取
  • ビタミンC、ビタミンB2の摂取
  • 食物繊維を取り入れる。
  • アーモンド(ナッツ類)から脂質を取り入れる。
  • アルコールを止める。
  • 人工甘味料の入ったドリンクや食べ物を止める。
  • 野菜や海藻の摂取
  • スナック菓子を止める。

といった食生活の指導(食育)を行います。

また、アトピー性皮膚炎に効果のある食物をその都度、紹介させていただきます。

よって、アトピー性皮膚炎の施術を食生活を変えることで、アトピーの治療効果が抜群に変化をもたらせますよ!

なので、アトピーに関する食事指導、アドバイスは私にお任せください。

施術を受けて、食生活を変えることで、あなたのアトピー性皮膚炎を根治できますよ!

簡単な食事指導なんですが、誰にでも行えますので、しっかりと実践してみてください。

ありがとうございました。

生活習慣

●適度な運動

・1日1時間から2時間のウォーキングの習慣化。

仕事などで忙しい方は1日、15分から20分の
ウィーキングでもOKですので、毎日、継続して実践してください。

・オフィスビル内で勤務している方は、3Fまででしたら、
なるべく3Fまで階段を使って昇る。

運動不足解消に、足腰を鍛えるのが目的です。

ただし、降りるにはひざに負担がかかるため、
エレベーター、エスカレーターを使ってもよい。

・オフィス内でトイレに行く場合は、なるべく
1フロア上のトイレを使用して、足腰を鍛える。

●十分な睡眠

熟睡できる睡眠環境を作る。

例えば、カーテンは夜用の日差しをシャットアウトするものではなく、
レースのカーテンを夜寝るときに使用する。

朝の日差しをしっかり浴びて、朝起きる習慣にする。

そして、日差しを浴びながら、深呼吸を行なう。

●冷え性を改善する。

体を冷やさない。

なるべく、全身が冷える格好を控える。

冷たい飲み物、食べ物を控える。

常温なものを飲んだり、食べたりする。

●たばこ、アルコールを控える。

普段から、たばこやアルコールといった体に害のあるものは控える。

●薬、サプリを控える。

薬はなるべく飲まないようにする。

また、心臓病といった生命にかかわるニトログリセリンといった薬は飲むことをおすすめするが、
それ以外の生命に支障がない場合は、なるべく飲まないように心がける。

どうしても薬を飲まないと体の調子が悪い場合は、薬の量を半分にするとか、薬の量を減らしてみる。

◆アトピー性皮膚炎について、詳しく知りたい方は、ぜひ、当店のアトピー性皮膚炎の専門ブログも参考までにご覧ください。