消化器症状やアレルギー症状を改善する「じゃがいもスープ」

アレルギー疾患

◆消化器症状やアレルギー症状を改善する「じゃがいもスープ」

こんにちは!

東京都三鷹で開業16年の日本初アトピー専門の治療院、
タイ古式マッサージ リラックス・ボディです。

あなたは日常生活でアレルギー疾患でかゆみや発疹で
お困りではありませんか?

 

消化器症状とカリウム

 

「じゃがいもスープ」を飲み続ければ、消化器症状やアレルギー症状を
改善するのに大変、効果抜群ですよ!

じゃがいもの特徴は、細胞の余分なナトリウムの排出を促すカリウムという
成分が豊富なこと。

生のじゃがいも100グラムに、410ミリグラムものカリウムが
含まれているんですよ!

このじゃがいもカリウムをスープにして積極的にとる療法が「カリウム療法」なんです。

ぜんそくやアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患のある人は、
便秘などの消化器系症状を訴えることが多いもの。

また、ぜんそくやアトピー性皮膚炎などがある人は、屋外に出て運動する機会が少ない傾向があるんです。

そして、体の細胞そのものが活発に動かない、働かない状態になっているように感じられるんです。

カリ療法は、胃腸の働きを高めて消化器症状を改善させる効果があるんです。

腸にはたくさんの免疫機能があるため、カリウムで腸の働きを高めることにより、
免疫機能自体の働きも活発になるんです。

その結果、アレルギー症状も改善するものと思われるんです。

「じゃがいもスープ」は、じゃがいもを煮出したスープ。

約1リットルほど、1日4回に分けて、食事の間に飲むといいでしょう!

飲み続けると約3週間ほどで便秘などの消化器症状が改善し、さらに続けるうちに
アレルギー症状そのものも改善する例が多いんですよ!

この機会に、カリウムが豊富なモロヘイヤスープをお試しください。

◆じゃがいもスープの作り方

●材料(1日分)

じゃがいも 1キロ

水   2リットル

塩、こしょう、しょうゆ   各適量

●作り方

①鍋に水洗いして皮を付けたまま2つに切ったじゃがいもと水を入れて、強火にかける。

沸騰したら弱火にして、じゃがいもが煮崩れるまで煮る。

時間は約30分。

②①をガーゼやふきんでこし、汁をとる。

汁の量は約1リットル残る。

③出来上がり。温めて塩、こしょう、しょうゆなどで味付けして
飲むとおいしい。

◆ポイント

1日に約1リットルを4回に分けて食間に飲む。

ぜひ、この機会にカリウムが豊富なじゃがいもスープをお試しください。

私はあなたがアレルギー性皮膚炎の症状を早く治まることを心から願っています。

当店のタイ古式リンパマッサージは溜まった活性酸素を消去させる機能もあるため、
デトックスにもつながるメリットがあるんです。

それと、女性にとてもうれしいアンチエイジングにも効果があるんです。

リンパの流れと血液の流れを良くして、体内の循環を良くしていくと
体内の毒素がスムーズに排出して、こりや痛みも解消していくんです。

よって、皮膚もツルツルスベスベになって、美容効果も期待できますよ!

それには日本で唯一のアトピーを改善する専門タイ古式リンパマッサージ店が
あるのをご存じでしょうか?

リンパの流れと血液の流れを良くして、アレルギー性皮膚炎の
つらい症状を改善していきます。

かゆみと湿疹でお困りの方へ朗報です!!

ぜひ、当店のアレルギー改善リンパセラピーをお試しください。

その症状を改善するには、他にも肌活と腸活が行うことを
おすすめします。

あなたの症状が早く改善することが期待できますよ!

肌活と腸活を二人三脚で行なうことで、あなたの症状が最短で改善して行くことを
心から願っています。

東京都三鷹市の全身リンパマッサージ専門店、
タイ古式マッサージ リラックス・ボディ

JR三鷹駅南口徒歩2分、三鷹通り側道沿い

◆こちらのブログもおすすめ!
東京三鷹タイ古式マッサージ リラックス・ボディ、アトピー改善ブログ
▼▼▼▼
https://mitaka-relaxby.com

東京三鷹タイ古式マッサージ リラックス・ボディ、公式ホームページ
▼▼▼▼
https://thai-relaxbody.com

 

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?