ステロイド外用薬を塗ると肌が黒くなるというのは本当ですか?

アレルギー性皮膚炎

当店の常連の患者様から首題の質問をいただいたので、ご回答します。

三鷹武蔵野アトピー性皮膚炎

調べてみると、「ステロイド外用薬の副作用で肌が黒くなる」と思われている人が多いんですが、これは間違った情報と思われます。

皮膚が黒くなるのは、薬の作用によるものではなく、アトピー性皮膚炎そのものが要因なんです。

ひどい炎症を起こした皮膚や、慢性的に炎症を起こした皮膚は、治療の過程で炎症が落ち着く際に、一時的に黒ずむことがあるんです。

いわゆる「炎症後色素沈着」と言われているものです。

アトピー性皮膚炎では、皮膚の炎症が何度も繰り返されることから、特に顔や首、ひじやひざの内側などの部位では、黒ずみが目立ってきてしまうんです。

炎症が治まって皮膚の赤みが良くなる過程で、この一時的な炎症後、色素沈着が見られるため、ステロイドを塗ったら皮膚が黒くなったと誤解されやすいようです。

炎症後色素沈着は、特に大人のアトピー性皮膚炎でよく見られるんです。

アトピー性皮膚炎の炎症が改善し、いい状態を維持できれば、時間をかけてだんだんと元の肌に戻ります。

そこで、そのような症状でお困りでしたら、血液とリンパの流れを良くして、炎症を根本から抑えていくタイ古式リンパマッサージが体内の毒素を排出して完治に導いていくことが期待できるので、とてもおすすめですよ!

当店では、あなたのアトピー性皮膚炎が完治に向かうことを心なら願っております。

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?