アトピーの方へ!飲むコラーゲンは、効果はほぼゼロなのでご注意!

アトピー性皮膚炎

◆アトピーの方へ!飲むコラーゲンは、効果はほぼゼロなのでご注意!

こんにちは!

三鷹タイ古式マッサージ リラックス・ボディです。

あなたは日常生活において、慢性的なつらいアトピーで
お困りではありませんか?

アトピー性皮膚炎の方が、よくアトピーのケアにお肌にうるおいを
もたらすものとして摂取しているのが『飲むコラーゲン』。

ちなみに、飲むコラーゲンは、ほぼ効果がゼロなのをご存知でしたか?

口から摂取しては皮膚に届きにくい栄養素の代表例がコラーゲンなんです。

確かにコラーゲンは、皮膚や軟骨を構成する主要なタンパク質なんです。

サプリメントを飲めばお肌に良さそうに思えるんです。

しかし、口から摂取したコラーゲンが全部そっくりそのまま皮膚に到達して、
お肌がうるおい、皮膚に張りが出るなどということはないんですよ!

その理由は、あらゆる栄養素は、消化酵素などの働きで細かく分解されてから
吸収されるからなんです。

なので、コラーゲンなら何種類もあるアミノ酸に分解されて体の各所に
運ばれるんです。

例えば、骨を作る材料が足りていなければ骨へ、筋肉を作る材料が足りなければ
筋肉へ運ばれるんです。

つまり、高価なコラーゲンを摂取するのと、タンパク質が豊富な肉や魚、大豆製品を
食べるのは、結局はアミノ酸として吸収されるという点で、なんら変わりがないんです。

むしろ、高価なコラーゲンをちょっぴり飲むよりも、それよりも普通の高くも安くもない、
肉や魚、大豆製品をたっぷり摂取する方が、より多くのアミノ酸を皮膚に届けられるんです。

また、コラーゲンの他、コマーシャルでよく『美肌成分』と華々しくうたわれるヒアルロン酸や
セラミドも同じで、口から摂取しても、肌活にはならないんですよ!

ちなみに、『水はどうですか?水の飲み方が足りないために、乾燥肌になっている気がするんですが』
という方もいるんです。

なので、水も同意なんです。

たくさん飲んだからといってお肌がうるおうことはないんです。

お肌をうるおわせるには、お肌に直接保湿剤を塗り、角質層を守ることが一番大切なんですよ!

水は生命維持に不可欠ですし、夏なら熱中症予防のためにも十分に飲む必要があるんです。

しかし、水の場合も『体にいいか』と『お肌にいいか』は同じではないんです。

まとめますと、
飲むコラーゲンは、ほぼ効果がゼロなんですよ!

実は口から摂取しては皮膚に届きにくい栄養素の代表例がコラーゲンなんです。

確かにコラーゲンは、皮膚や軟骨を構成する主要なタンパク質なんですが、口から摂取したコラーゲンが
全部そっくりそのまま皮膚に到達して、お肌がうるおい、皮膚に張りが出るわけではないんで

その理由は、あらゆる栄養素は、消化酵素などの働きで細かく分解されてから
吸収されていくからなんです。

なので、コラーゲンなら何種類もあるアミノ酸に分解されて体の各所に運ばれていくんです。

実は高価なコラーゲンをちょっぴり飲むよりも、それよりも普通の高くも安くもない、
肉や魚、大豆製品をたっぷり摂取する方が、より多くのアミノ酸を皮膚に届けられ、その方が
コラーゲンを摂取するのに効率が良いんです。

また、コラーゲンの意外でも、テレビコマーシャルでよく『美肌成分』と華々しくうたわれている
ヒアルロン酸やセラミドも同じで、口から摂取しても、肌活にはならないんですよ!

それと水の場合も同じなんです。

水をたくさん飲んだからといって、お肌がうるおうこともないんですよ!

よって、お肌をうるおわせるには、お肌に直接保湿剤を塗り、角質層を守ることが一番大切なんですよ!

まずは、アトピー性皮膚炎でお悩みであるのならば、肌活を実践してかゆみや湿疹を抑え、
完治に向けてお肌のケアを行なっていきませんか?

肌活を実践することで、アトピー性皮膚炎も早く症状が治まってきますよ!

ぜひj、この機会に肌活を実践してみてください。

今回も最後までブログをご覧いただき、ありがとうございました。

 

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?