アトピーQ&A5

アトピー性皮膚炎

◆アトピーQ&A5

Q5:タバコが原因でアトピー、ぜんそくになる?

A5:タバコの煙がストレスとなり、アレルギーが出やすくなることもあります。

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があるため、血流が滞り、体内の組織にスムーズに
酵素や栄養分が行き渡らくなります。

皮膚も酸素不足、栄養不足で新陳代謝が鈍り、トラブルが起こりやすい状態になるというわけです。

また、喫煙は体内に活性さん層を大量に作り出します。

活性酸素は通常は、免疫の仕組みの中で、異物を攻撃するために使われます。

しかし、大量になると、周囲の健康な細胞まで傷つけてしまいます。

自分は喫煙しなくても、近くにいる人のタバコの煙を吸っただけでも影響を受けます。

これを受動喫煙と呼びます。

三鷹タイ古式マッサージ リラックス・ボディ

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?