夜間に勝つ人がアトピーに勝つ!

アトピー性皮膚炎

◆夜間に勝つ人がアトピーに勝つ!

こんにちは!

三鷹タイ古式マッサージ リラックス・ボディの久保です。

三鷹アトピー性皮膚炎

あなたは日常生活において、慢性的なつらいアトピーの症状で
お悩みではありませんか?

ちなみに、夜間に勝つ人がアトピーに勝つんですよ!

アトピー性皮膚炎の患者様が感じるかゆみは、日中と夜間で
異なる場合が大半なんです。

日中は弱いかゆみがダラダラ続き、夜間に強烈なかゆみが
襲ってくることが多いんです。

これには、自律神経の働きが関係しているんです。

いちいち意識しなくても心臓は動き、食べ物は消化され、
血液は全身を巡っているんですが、それは自律神経が働いて
くれているからなんです。

自律神経は、緊張したり興奮したりしている時に優位になる
『交感神経』と、リラックスしている時や眠っている時に
活性化する『副交感神経』の2つからなるんです。

日中は仕事や家事に集中するので、交感神経が活発に働くんです。

また、日中は活発に働き、人目も気になるので、緊張しているんです。

交感神経はかゆみを抑制しますし、緊張はかゆみから気をそらすんです。

そのため、日中は弱いかゆみがダラダラ続くんです。

一方、夜間になって心身ともにリラックスすると、副交感神経が
働き始めるんです。

副交感神経は免疫細胞を活性化させるため、免疫の過剰な働きによって、
アレルギー反応が出やすくなるんです。

そのせいで、夜間は強烈なかゆみに襲われるんです。

なので、ここに治療上の大きな問題があるんです。

日中はさほど問題がありません。

かゆみが弱いので、少し意識すれば、皮膚をかき壊さないように
することができるんです。

保湿剤をつけるだけでかゆみが鎮まることもあるんです。

ところが、夜間はリラックスしているんで、つい無意識のうちに
かきむしってしまうんです。

眠っている間もガリガリかいて、皮膚を傷つけてしまうんです。

皮膚がターンオーバーで再生するには20代の人でも平均28日
かかるのに、かきむしって傷つけるのは、ほんの一瞬なんです。

そのため、どんどん皮膚の深いところまで傷ついていき、
治りにくくなるんです。

なので、アトピー性皮膚炎の治療には、夜間の強烈なかゆみを制することが
とても重要なんです。

まとめますと、
アトピー性皮膚炎でお困りの方には、実は夜間に勝つ人がアトピーに勝つんですよ!

ちなみに、アトピー性皮膚炎の患者様が感じるかゆみは、日中と夜間で
異なる場合が大半なんです。

そして、日中は弱いかゆみがダラダラ続き、夜間に強烈なかゆみが
襲ってくることがほとんどなんです。

このような場合は、自律神経の働きが関係しているんです。

夜間のかゆみの原因は、夜間になって心身ともにリラックスすると、
副交感神経が働き始めるんです。

副交感神経は免疫細胞を活性化させるため、免疫の過剰な働きによって、
アレルギー反応が出やすくなるんです。

そのせいで、夜間は強烈なかゆみに襲われるんです。

かゆみを抑えるのに、保湿剤をつけるだけでかゆみが鎮まることもあるんです。

あなたも日常生活において、慢性的なつらいアトピーの症状を抑えていくためにも、
普段から肌活を実践してみませんか?

日頃から肌活を実践していくことで、つらいかゆみ、湿疹、ストレス、イライラ、
不眠を早く改善していくことがとても大切なんですよ!

ぜひ、この機会に肌活を実践して、慢性的なつらいアトピー性皮膚炎が抑えられて、
かゆみ、湿疹、不眠のない生活が取り戻せることを心から願っています。

今回も最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

最近の記事

  1. 蚊に刺された時に爪でバッテン印をつけるとかゆみが治まるのはなぜです…

  2. 「アロネーシス」(痒覚過敏)とはどんなものですか?

  3. 男性と女性でかゆみの感じ方に違いはありますか?

  4. かけばかくほど炎症が悪化するのはなぜですか?