下着のベルトに当たる部分が赤く盛り上がり、かゆくなるのはなぜですか?

アレルギー性皮膚炎

こんにちは!

当店のお客様より、首題の質問がありましたので、ご回答させていただきます。

東京三鷹アレルギー性皮膚炎

皮膚への特定の刺激ないし負荷によって起こる「刺激誘発型のじんましん」だと思われます。

きつい下着を付ける、ウエストのベルトをきつく締める、腕時計のバンドをきつく締めるなど、「皮膚に圧力をかける」ことが刺激となって誘発され、しばらく押さえつけられていた部分だけ現れるじんましんである「遅延性圧じんましん」です。

それらの症状は、締め付けを緩めれば、発疹は数時間から2日程度で消失しますよ!

なので、きつすぎない下着にする、体の一部をベルトなどで締めすぎないことで予防できるんです。

また、衣服などで肌がこすれたり、肌を引っかいたりするなど、「皮膚表面を機械的にこすること」が
刺激となって誘発され、こすった部分、かいた部分に現れるじんましんである「機械性じんましん」があるんです。

基本的に発疹は数分~2時間以内に消失します。

衣服が肌にこすれないように、なるべく体にフィットした衣服を着る、ウエストのベルトが直接、肌に触れないように下着を着る、ワイシャツやサマーセーターなどをじかに着ない、そして、肌をかかないことで予防できるんです。

そこで、大変おすすめなのが、血液とリンパと気の流れを良くすることで、体内に溜まった毒素を体外に排出して症状を良くしていく、当店のタイ古式リンパマッサージが常連の方に大好評となっています。

ちなみに、当店のタイ古式マッサージは、血液とリンパと気の流れを良くしていくことで、対処療法ではなく、根本治療を行なっていますので、とても効果的な根本手技療法となっています。

当店は、あなたのかゆみと湿疹で辛いアトピー性皮膚炎の症状が1日も早く完治されることを心から願っています。

ブログをお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?