ポリフェノールとビタミンで炎症を封じ込める「しそもろみ酢」

◆ポリフェノールとビタミンで炎症を封じ込める「しそもろみ酢」

こんにちは!

東京都三鷹で開業17年の日本初アトピー専門タイ式治療院、
タイ古式マッサージ リラックス・ボディです。

あなたは日常生活でアレルギー疾患でかゆみや発疹で
お困りではありませんか?

 

東京三鷹飲んで治す

ポリフェノールとビタミンで炎症を効率よく摂れる「しそもろみ酢」で炎症を封じ込めて
超おススメドリンク!

しそには、ポリフェノールの一種であるロズマリン酸がとても豊富なんですよ!

ロズマリン酸はアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患による炎症を引き起こす、悪玉の活性酸素の除去、発生抑制に作用があるんです。

また、しそは強い抗酸化作用のあるベータ・カロテンやビタミンCを豊富に含んでいるんです。

こうした薬効豊富なしそをもろみ酢に漬けたものが「しそもろみ酢」なんですよ!

もろみ酢は通常の酢の主成分が酢酸であるのに対し、疲労物質である乳酸を分解する
働きのあるクエン酸が主成分なんです。

このため、もろみ酢は、クエン酸サイクルである体内で乳酸が分解される一連の流れの
円滑化を促す効果を持っており、これによって新陳代謝が促進され、免疫機能が
正常に働くことになるんです。

また、もろみ酢には、人体に欠かせない必須アミノ酸も豊富で、その含有量は黒酢の
約5倍と言われているんです。

また、しそのベータ・カロテンやビタミンCは水に溶けにくいもの、酢には溶けやすいという性質があるため、もろみ酢にしそを漬け込めば有効成分を効率よく摂ることができるんです。

さらに、もろみ酢は普通の酢よりも味がまろやかで飲みやすいという利点もあるので、
普通の酢が苦手な人にもおすすめなんですよ!

この機会に、ポリフェノールとビタミンを効率よく摂れるしそもろみ酢は効果抜群なんですよ!

◆しそもろみ酢の作り方

●材料(10日分)

青じそ       20枚

もろみ酢      500ml

●しそもろみ酢の作り方

①青じそは水でよく洗い、ペーパータオルなどでよく水気をふき取り、手で細かくちぎる。

②煮沸消毒した密閉容器に①を入れ、もろみ酢を加える。

③しそがもろみ酢にしっかり漬かっているのを確認し、ふたをする。

④冷蔵庫に入れて保存し、漬けた翌日から飲める。

しそは1週間後くらいに取り出す。

⑤出来上がり。そのまま飲むか水やお湯で割って飲む。

◆ポイント

●1日約200mlを飲む。

●そのまま飲んでも水やお湯で割って飲んでも良い。

●しそは漬け込む前に水分をしっかり拭き取る。

●しそを漬け込む時は、もろみ酢からはみ出して空気に触れないようにする。

●冷蔵庫で2~3週間保存できるが、早めに飲み切るようにする。

ぜひ、この機会にポリフェノールとビタミンが豊富なしそもろみ酢をお試しください。

私はあなたがアレルギー性皮膚炎の症状を早く治まることを心から願っています。

当店のタイ古式リンパマッサージは溜まった活性酸素を消去させる機能もあるため、
デトックスにもつながるメリットがあるんです。

それと、女性にとてもうれしいアンチエイジングにも効果があるんです。

リンパの流れと血液の流れを良くして、体内の循環を良くしていくと
体内の毒素がスムーズに排出して、こりや痛みも解消していくんです。

よって、皮膚もツルツルスベスベになって、美容効果も期待できますよ!

それには日本で唯一のアトピーを改善する専門タイ古式リンパマッサージ店が
あるのをご存じでしょうか?

リンパの流れと血液の流れを良くして、アレルギー性皮膚炎の
つらい症状を改善していきます。

かゆみと湿疹でお困りの方へ朗報です!!

ぜひ、当店のアレルギー改善リンパセラピーをお試しください。

その症状を改善するには、他にも肌活と腸活が行うことをおすすめします。

あなたの症状が早く改善することが期待できますよ!

肌活と腸活を二人三脚で行なうことで、あなたの症状が最短で改善して行くことを
心から願っています。

東京都三鷹市の全身リンパマッサージ専門店、
タイ古式マッサージ リラックス・ボディ

JR三鷹駅南口徒歩2分、三鷹通り側道沿い

◆こちらのブログもおすすめ!
東京三鷹タイ古式マッサージ リラックス・ボディ、アトピー改善ブログ
▼▼▼▼
https://mitaka-relaxby.com

東京三鷹タイ古式マッサージ リラックス・ボディ、公式ホームページ
▼▼▼▼
https://thai-relaxbody.com

 

関連記事

最近の記事

  1. 蚊に刺された時に爪でバッテン印をつけるとかゆみが治まるのはなぜです…

  2. 「アロネーシス」(痒覚過敏)とはどんなものですか?

  3. 男性と女性でかゆみの感じ方に違いはありますか?

  4. かけばかくほど炎症が悪化するのはなぜですか?