タイ古式マッサージで血液とリンパと気の流れを良くして毒素を抜くとアトピーに効果があるのか?

アトピー性皮膚炎

◆タイ古式マッサージで血液とリンパと気の流れを良くして毒素を抜くとアトピーに効果があるのか?

東京都三鷹のアトピーとアレルギーを得意とするタイ古式マッサージ リラックス・ボディの久保です。

当店は開業して17年が経過して、地元三鷹でアトピーとアレルギーの施術で、アトピー改善で1222名の治療実績のあるリンパマッサージサロンです。

東京三鷹アトピー性皮膚炎

タイ古式マッサージで血液とリンパと気の流れを良くして毒素を抜くとアトピーに効果があるのか?という質問に対して、以下のように回答します。

アトピー性皮膚炎とは、遺伝的な素因や環境的な要因によって、皮膚のバリア機能が低下し、外部からの刺激に対して過敏に反応する病気です。この反応は、免疫系が関与しており、免疫細胞からさまざまな物質が分泌されます。その中の一つがヒスタミンです。

ヒスタミンは、アレルギー反応や炎症反応において重要な役割を果たす物質で、血管を拡張させたり、毛細血管の透過性を高めたりして、免疫細胞や栄養素を現場に運ぶ働きをします。しかし、ヒスタミンは同時に神経末端に作用して、かゆみを引き起こす作用も持っています。

アトピー性皮膚炎の患者さんは、皮膚のバリア機能が低下しているため、ヒスタミンの分解能も低下しています。

そのため、体内にヒスタミンが溜まりやすくなります。

また、皮膚の表面に近いところまで神経線維が伸びてきているため、わずかな刺激でもかゆみを感じやすくなります。

したがって、アトピー性皮膚炎では、免疫系の反応によって多量に分泌されたヒスタミンが神経線維に作用し、強いかゆみを引き起こすというメカニズムが考えられます。

しかし、アトピー性皮膚炎のかゆみはヒスタミンだけが原因ではありません。

実際には、ヒスタミン以外にも多くの物質がかゆみを誘発することが分かっています。

例えば、プロスタグランジンやロイコトリエンといった脂肪酸代謝物質や、サブスタンスPや神経ペプチドYといった神経伝達物質などです。

これらの物質は、それぞれ異なるレセプターを介して神経末端に作用し、かゆみを感じさせます。

そのため、抗ヒスタミン剤だけでは十分にかゆみを抑えることができません。

抗ヒスタミン剤は主に眠気を引き起こす副作用がありますが、眠っている間はかゆみを感じにくくなるという効果もあります。

アトピー性皮膚炎のかゆみを抑えるためには、抗ヒスタミン剤だけでなく、他の物質の分泌や作用を抑制する薬やサプリメントも併用する必要があります。

また、皮膚のバリア機能を回復させるためにも、保湿や栄養補給などのスキンケアも重要です。

さらに、ストレスや睡眠不足などの生活習慣の改善もかゆみの軽減に効果的です。

ここで、タイ古式マッサージで血液とリンパと気の流れを良くして毒素を抜くとアトピーに効果があるのか?という主張について考えてみましょう。

タイ古式マッサージとは、タイの伝統医学の一つで、ストレッチや指圧、整体などの手法を用いて、全身の血液やリンパ、気(エネルギー)の流れを改善するマッサージです。

タイ古式マッサージは、無形文化遺産にも登録されており、世界中で人気があります。

タイ古式マッサージを受けると、多くの人はリラックスしたり、凝りがほぐれたり、体が軽くなったりすると感じます。

しかし、一部の人はマッサージ後に体に不調を感じることがあります。これは好転反応と呼ばれる現象で、体が回復する過程で一時的に起こるものと考えられています。

好転反応は、マッサージによって血液やリンパの流れがよくなり、体内に溜まっていた老廃物や毒素が排出される前に、一時的に体中を駆け巡ることで起こると言われています。

そのため、全身に倦怠感や疲労感、痛みや発熱などの症状が現れることがあります。

アトピー性皮膚炎の患者さんは、皮膚のバリア機能が低下しているため、老廃物や毒素が皮膚からも排出されやすくなります。

また、皮膚から排出された老廃物や毒素は、皮膚表面に残って刺激を与えることもあります。これにより、アトピー患部がさらにかゆくなったり、赤くなったりすることがあります。

したがって、タイ古式マッサージで血液とリンパと気の流れを良くして毒素を抜くことは、アトピー性皮膚炎の症状を一時的に悪化させる可能性があると言えます。

しかし、これは体が正常に戻るサインでもあります。

好転反応が起きた場合は、体を休めたり、水分補給をしたり、体を冷やさないようにしたりすることが大切です。

また、好転反応と揉み返し(筋肉が傷ついて炎症が起きること)を見分けることも重要です。

揉み返しの場合は、施術を受けた部分のみに痛みがあったり、症状が長く続いたりすることが多いです。

揉み返しの場合は、医療機関に相談したり、冷やしたり、マッサージを控えてください。

◆ご予約はこちらを今すぐクリックしてください!
▼▼▼▼
https://www.thai-relaxbody.com/cgi-bin/ask.cgi?pid=24

関連記事

最近の記事

  1. 蚊に刺された時に爪でバッテン印をつけるとかゆみが治まるのはなぜです…

  2. 「アロネーシス」(痒覚過敏)とはどんなものですか?

  3. 男性と女性でかゆみの感じ方に違いはありますか?

  4. かけばかくほど炎症が悪化するのはなぜですか?