アトピー施術にハーブとの併用で改善スピードは2倍になる!

タイ式ハーブマッサージ

◆アトピー施術にハーブとの併用で改善スピードは2倍になる!

こんにちは!

三鷹タイ古式マッサージ リラックスボディの久保です。

三鷹アトピー性皮膚炎

あなたは日常生活において、慢性的なつらいアトピーの
症状でお困りではありませんか?

アトピー性皮膚炎を患っているY子さんの治療には、次のような
方針でスタートしたんです。

そのやり方とは、

①ステロイドはなるべく使用しない。

②顔にはタクロリムス軟膏を使用する。

③皮膚が敏感なため、洗顔料、化粧水、日焼け止めなどは刺激の
少ないものを選び、サンプルを試用してから使う。

④ハーブを併用する。皮膚症状には、かゆみに対する抑止効果の強いハーブ、
そして、体力低下と冷え性などの改善にもハーブを使用する。

⑤かゆみの強い時は抗ヒスタミン薬を使用する。

通院に関しては、通常は治療初期は週2回、安定期に入って維持療法に
入ったら週1回が原則。

以後、症状に合わせて調整していく。が基本なんですが、Y子さんは
遠方に住んでいたため、2週間に1度の施術とし、その都度、状態に
合わせてハーブの中身を増やしたり、調整していきました。

これらを実践したことで、まず最初の2週間で、お肌の炎症が
劇的に治まったんです。

その後は再燃を繰り返しながらも、少しずつ落ち着いてきたんです。

そして、治療開始後、半年も経たないうちに、一番苦しかったかゆみが止まり、
『普段の生活に支障がなくなる』『周りの人からもアトピー性皮膚炎であることが
わからない』という状態に達して、さらに『薬物療法に時間が奪われない』という
ゴールにも達したんです。

なので、Y子さんは30年以上にわたるアトピー性皮膚炎との戦いにも負けず、
信頼関係を築いてくれたんです。

『久保さんを信じて、明るい未来を夢見て頑張ります』と言ってくれました。

体力も気力も残っていないような状態だったにもかかわらず、やり方によっては
『アトピー性皮膚炎はやれば治る』と信じて治療を続けてきたんです。

このような患者様を見るたびに、私はアトピー性皮膚炎で苦しむ患者様たちに
すべてに『希望を持って欲しい。自分に合う治療方法と皮膚科専門医や
リンパマッサージセラピストを見つけてほしい』と願っています。

まとめますと、

アトピー性皮膚炎を患っているY子さんの治療には、次のような
方針でスタートしたんです。

そのやり方とは、

①ステロイドはなるべく使用しない。

②顔にはタクロリムス軟膏を使用する。

③皮膚が敏感なため、洗顔料、化粧水、日焼け止めなどは刺激の
少ないものを選び、サンプルを試用してから使う。

④ハーブを併用する。皮膚症状には、かゆみに対する抑止効果の強いハーブ、
そして、体力低下と冷え性などの改善にもハーブを使用する。

⑤かゆみの強い時は抗ヒスタミン薬を使用する。

通院に関しては、通常は治療初期は週2回、安定期に入って維持療法に
入ったら週1回が原則。

しかし、例外として、2週間に1度の施術とし、その都度、状態に
合わせてハーブの中身を増やしたり、調整していきました。

これらを実践したことで、まず最初の2週間で、お肌の炎症が
劇的に治まったんです。

その後は再燃を繰り返しながらも、少しずつ落ち着いてきたんです。

そして、アトピー性皮膚炎との長い間の戦いにも負けず、信頼関係を
築くことができたんです。

なので、アトピー性皮膚炎の患者様には明るい未来を夢見て、新たな
人生に向かって頑張っていってほしいと心から願っているんです。

ハーブマッサージを取り入れることで、アトピー性皮膚炎を発症しにくい
お肌になります。

そして、アトピー性皮膚炎のかゆみや湿疹を抑えるには、まずは肌活が
行なうことが一番大切なんですよ!

ぜひ、あなたもアトピー性皮膚炎を抑えるためにも、肌活を実践してみませんか?

肌活によって、ストレス、イライラ、精神疲労、不眠症、自律神経の乱れといった
症状を改善することができますよ!

今回もブログを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?