アトピーの方で、『適当にこれを塗っておこう!』で失敗する!

タイ式ハーブマッサージ

◆アトピーの方で、『適当にこれを塗っておこう!』で失敗する!

こんにちは!

三鷹のタイ古式マッサージ リラックス・ボディの
久保です。

三鷹アトピー性皮膚炎

あなたは普段から、慢性的な辛いアトピーの症状で
お困りではありませんか?

アトピーの方で、9割の人が『とりあえず、これを塗っておこう!』で
失敗するんですよ!

自己判断で薬を使用して症状を悪化させた60代の男性もいるんです。

その男性は、アトピー性皮膚炎の症状もあるんですが、庭の手入れをしていて、
腕と首がかゆくなったんです。

以前に庭仕事のすり傷にオロナインH軟膏をつけたら治ったため、今度も
それをつけたんです。

ところが、いつまでもかゆみは治まりません。

それどころか、皮膚が赤く炎症を起こし、お風呂のお湯がしみるようになったんです。

さらに寝ている間にかきむしるせいで、炎症は胸や背中、脚・・・・と、
全身に広がっていき、『かゆみで毎日眠れない』と来店したのでした。

カウンセリングを行なって、その後、まずは皮膚科に通って診断をしてもらった結果、この男性のかゆみの原因は、
『植物によるかぶれ』でした。

そこで、、ステロイド外用薬の服用は嫌がっていたため、抗ヒスタミン薬を内服してもらい、ハーブマッサージの
施術を行なうことにしたんです。

その結果、施術を始めてから4日でかゆみがピタリと止まったんです。

全身の皮膚の炎症や湿疹も、2週間でほぼ完全に無くなったんです。

なので、この男性のように間違った薬をつけて症状を悪化させないでほしいんです。

原因がわかっていないのに、とりあえず家にある薬をつけても、
かゆみは良くならないんです。

しかし、それに味をしめて、『とりあえずはこれを塗っておけばいい』と
自己判断するのは危険なんです。

実際、合わない薬をつけたことで、逆に症状が悪化し、どうしようもなくなってから
皮膚科に駆け込んだり、当店に通ってくる人があとを絶ちません。

患者様が『とりあえずこれを塗ればいい』と使う薬で最も多いのが、
オロナインH軟膏なんです。

これは皮膚の万能薬というイメージがあるのでしょう!

しかし、これはすり傷や切り傷などには良く効くんですが、同軟膏の主成分は、
『クロヘキシジングルコン酸塩』という殺菌剤なんです。

かゆみを抑える効果は、ほとんど無いんです。

同軟膏の効能書きには、『湿疹(ただれ、かぶれ)、虫刺されには使用しないでください』と
明記されているのを見逃さないでください。

まとめますと、

アトピーの方で、かゆみが出たからといって、9割の人が『とりあえず、これを塗っておこう!』で
失敗ので注意が必要なんです。

自己判断で薬を使用して症状を悪化させたケースも非常に多いんです。

逆に湿疹やかゆみが全身に広がって、さらに悪化する場合もあるんです。

患者様が『とりあえずこれを塗ればいい』と使う薬で最も多いのが、
オロナインH軟膏なんです。

これは皮膚の万能薬というイメージがあるのでしょう!

この軟膏はすり傷や切り傷には良く効くんですが、かゆみを抑える効果は
ほとんどないんです。

同軟膏の効能書きには、『湿疹(ただれ、かぶれ)、虫刺されには使用しないでください』と
明記されているのを見逃さないでください。

ハーブマッサージの施術を取り入れることで、アトピー性皮膚炎を発症しにくい
お肌になります。

そして、アトピー性皮膚炎のかゆみや湿疹を抑えるには、まずは肌活が
行なうことが一番大切なんですよ!

ぜひ、あなたもアトピー性皮膚炎を抑えるためにも、肌活を実践して
取り組んでみませんか?

肌活によって、ストレス、イライラ、精神疲労、不眠症、自律神経の乱れといった
症状を改善することができますよ!

今回もブログを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?