アトピーの方『治るライン』と『永遠に治らないライン』の違いとは?

アトピー性皮膚炎 タイ式ハーブマッサージ

◆アトピーの方『治るライン』と『永遠に治らないライン』の違いとは?

こんにちは!

三鷹タイ古式マッサージ リラックス・ボディです。

あなたは日常生活において、慢性的なつらいアトピーといった
症状でお悩みではありませんか?

三鷹アトピー性皮膚炎

三鷹アトピー性皮膚炎

アトピーの方にお伝えしたいんですが、アトピー性皮膚炎には、
『治るライン』と『永遠に治らないライン』があるんですよ!

あなたはその2つの違いがわかりますか?

アトピー性皮膚炎とは、強いかゆみを伴う湿疹が、良くなったり
悪くなったりしながら、慢性的に続く疾患なんです。

ついかいてしまうと皮膚がゴワゴワになったり、かさぶたになったりして
症状が悪化し、全身に及ぶこともあるんです。

湿疹ができる部位は個人差があるんですが、顔、耳、首、脇の下、
ももの付け根、ひじやひざの周りなどにできる場合が多いんです。

アトピー性皮膚炎の治療の全体像を理解してもらいために、
2つのケースをお伝えします。

それは、『治るライン』と『永遠に治らないライン』なんです。

アトピー性皮膚炎は、良い状態と悪い状態を繰り返すものなので、
改善しても、しばらくすると症状が悪化することも予想されるんです。

そこで当店では、アトピー性皮膚炎を『改善しやすい療法=プロアクティブ療法』と
『改善しにくい療法=リアクティブ療法』と2つの療法と呼んでいるんです。

そして、その2つの療法はほぼ一致しているんです。

2つの違いは明快なんです。

改善しやすい療法(プロアクティブ療法)は、施術の手技のみで
行なっていきます。

 

そして、いったん治まるとそこで使用を止めてしまい、それ以降は
保湿剤だけでかゆみをコントロールしようとします。

保湿は肌活の基本なんですが、保湿だけでアトピー性皮膚炎の症状を
抑え続けるのは困難なんです。

そのため、しばらくすると、また症状が悪化してくるんです。

そしてまた初回と同量か、初回より多めのハーブクリーム(バーム)を使って
軽快させることになるんです。

つまり、軽快する⇒ぶり返す⇒軽快する⇒ぶり返すを延々と繰り返すだけで
寛解には至らないんです。

改善しにくいリアクティブ療法は、皮膚を常に良い状態に保つのが難しいうえ、
抗酸化作用のハーブクリーム(バーム)の使用量も減らないのですが、
ステロイド剤と違って副作用がないので、安心して使用できるんです。

まとめますと、

実は、アトピー性皮膚炎には、『治るライン』と『永遠に治らないライン』が
あるんですよ!

アトピー性皮膚炎とは、強いかゆみを伴う湿疹が、良くなったり
悪くなったりしながら、慢性的に続く疾患なんです。

アトピー性皮膚炎は、症状としては良い状態と悪い状態を繰り返すので、
改善しても、しばらくすると症状がまた悪化することも予想されるんです。

そこで当店では、アトピー性皮膚炎のやり方を『改善しやすい療法=プロアクティブ療法』と
『改善しにくい療法=リアクティブ療法』と2つの療法と呼んでいるんです。

改善しやすい療法(プロアクティブ療法)は、施術の手技のみで
行なっていくんです。

それと、改善しにくい療法(リアクティブ療法)は手技とハーブボール(薬草玉)を
使った施術以外に、抗酸化作用のハーブクリーム(バーム)を使用していきます。

このハーブクリーム(バーム)はステロイド剤と違って、ハーブなので
副作用がないのが、メリットとなっているんです。

なので、施術を行なうことで皮膚の血行和らいでいき、筋肉の緊張を緩めていきます。

『改善しにくい』リアクティブ療法では、症状が悪化した時は、施術に、13種類のハーブを
使ったハーブボール(薬草玉)とハーブクリーム(バーム)を使うので改善していくんです。

保湿は肌活の基本なんですが、保湿だけではアトピー性皮膚炎の症状を
抑え続けるのは困難なんです。

そのため、しばらくすると、また症状が悪化してくるんです。

そして、改善しにくいリアクティブ療法は、皮膚を常に良い状態に保つのが難しいため、
抗酸化作用のハーブクリーム(バーム)の使用量も減らないのですが、
ステロイド剤と違って副作用がないので、安心して使用できるんです。

アトピー性皮膚炎を完治するに当たり、肌活を実践することで、あなたの素晴らしい
日常生活が待ってますよ!

ぜひ、この機会に肌活を実践してみませんか?

慢性的なつらいかゆみや湿疹、不眠症、自律神経の乱れを早く解消することができますよ!

今回も最後まで、ブログをお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京三鷹のタイ古式マッサージ リラックス・ボディの代表兼ほぐしストの久保哲司です。
タイ古式リンパマッサージ店を開業しています。
当店は開業14年の施術実績があり、常連のお客様からの信頼も得ています。
常連のお客様からは【アニキ】と呼ばれています。

◆【開業のきっかけ】
開業したきっかけは、サラリーマン時代に自分が腰痛(腰椎椎間板ヘルニア)になった辛い経験から、腰痛持ちでお悩みの方を助けてあげたいと思い、この商売を始めました。
リンパの流れと血流と気の流れで症状を改善します。

現在はタイ古式リンパマッサージのリンパの流れと血液の流れのメリットを生かすため、肝機能と腎機能の活性化を目指し、アトピー性皮膚炎とアレルギー疾患に特化した施術に取り組んでいます。

開業14年の治療家経験が、あなたのアトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎の克服につながるよう、あなたの健康を見守っていきます。

アトピー治療には、本場タイではハーブの宝庫であるタイ式ハーブマッサージの導入により、ハーバルボールと呼ばれている薬草玉を使い、ハーバルボールを使った温熱療法により、効果的にアトピー性皮膚炎を根本から改善していきます。
アトピーによるかゆみや湿疹でお悩みの方は、ぜひ、アトピー改善セラピーをお試しください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆プロフィール

●2006年4月~2007年9月

サラリーマン退職後、4月より、タイに渡り、
マッサージの総本山であるワットポーにて、タイ古式マッサージの修行および
その他の施術を学ぶ。

●2006年4月~2006年10月

タイ古式マッサージ、マッサージセラピー取得

●2006年7月~2006年9月

タイ式フットマッサージ取得

●2006年10月~2006年12月
中国式フットマッサージ取得

●2006年10月~2007年7月
タイ古式マッサージ、アドバンスコース取得

治療を目的とした施術療法を学ぶ。

●2007年1月~2007年3月
タイ式ベビーマッサージ取得

●2007年2月~2007年4月
ルーシーダットン(タイ式ストレッチ)アドバイザー取得

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●タイドイ・ナム・サブマッサージスクール

●2006年10月~2007年3月
タイ式ハーブマッサージ取得
薬草玉(ハーバルボール)による温熱療法
アトピー性皮膚炎の施術療法に効果抜群!

●2007年7月~2008年1月
トークセン(木づちマッサージ)取得

※詳しいマッサージ取得情報は、当店の施術室に貼ってある
各マッサージ修了証をご覧ください。

ありがとうございました。

関連記事