アトピーでさらに早くお肌を改善するコツとは?

アトピー性皮膚炎

◆アトピーでさらに早くお肌を改善するコツとは?

こんにちは!

三鷹タイ古式マッサージ リラックス・ボディです。

三鷹アトピー性皮膚炎

三鷹アトピー性皮膚炎

あなたは普段から慢性的なつらいアトピーで
お困りではありませんか?

アトピー性皮膚炎でさらに早くお肌を改善するコツがあるんです。

ちなみに、お肌は年齢とともに乾いてくるんです。

『肌活は年を重ねても続ける必要がありますか?』と聞かれる方が
いらっしゃいます。

『年を重ねるほど、しっかりと保湿をすることが大切なんです。』と
お答えしています。

なぜなら、年を重ねるにつれて、皮膚のターンオーバーの
周期が長くなるからなんです。

特に20代では平均30日だったのが、60代では45日まで延びるんです。

基底調で新しい細胞が作られ、有棘層、顆粒層へと押し上げられて死んだ
角質細胞になるまでの周期は、実はそう変わりはないんですよ!

ところが、年を重ねるにつれて、角質がはがれにくくなり、周期が延びるんです。

それだけ角質がたい積してくるわけなんです。

なので、高齢者のお肌が、なんとなく茶色っぽく見えるのは、角質層が
厚くなるからなんです。

その一方で、皮脂、セラミド、天然保湿因子という保湿の3つの成分は、
年齢とともに量が低下してくるんです。

角質は厚くなるのに、保湿成分は少なくなるということは、お肌は老化するにつれて、
より乾燥するということなんです。

角質層が厚いために、皮膚の内側から角質表面に届く水分量も減り、感想傾向は
さらに強まるんです。

なので、人によっては、熱いお風呂に長く入るといった悪しき生活習慣が、これに
輪をかけることもあるんですよ!

やがては空気が乾燥する季節には、かさついてかゆみが出るようになるんです。

これが老人性乾皮症と呼ばれる症状なんです。

高齢になってかゆみを覚えるようになった方ほど、保湿剤によってしっかり
保湿をすることが、肌活の重要なポイントとなってくるんです。

まとめますと、

お肌は年齢とともに乾いてくるんです。

『肌活は年を重ねても続ける必要がありますか?』と聞かれることがあります。

『年を重ねるほど、しっかりと保湿をすることが大切なんです。』と
お答えしています。

なぜなら、その理由は、年を重ねるにつれて、皮膚のターンオーバーの周期が
長くなるからなんです。

例えば、角質層は20代では平均30日だったのが、60代では45日まで延びるんです。

なので、皮脂、セラミド、天然保湿因子という保湿の3つの成分は、
年齢とともに量が低下してくるんです。

実は、角質は厚くなるのに、保湿成分は少なくなるということは、お肌は老化するにつれて、
より乾燥するということなんです。

それと、やがては空気が乾燥する季節には、かさついてかゆみが出るようになるんです。

あなたもアトピー性皮膚炎のかゆみや湿疹といったつらい症状を
抑えるために、肌活を実践してみませんか?

肌活を行なうことで、アトピー性皮膚炎のかゆみや湿疹といった症状を
早く改善することができて、お体が楽になって、体調が良くなってきますよ!

ぜひ、この機会に、肌活を実践してみてください。

今回もブログをご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?