アトピーでかゆみが起きたらまずは何をするか?

アトピー性皮膚炎

東京三鷹アトピー性皮膚炎

◆アトピーでかゆみが起きたらまずは何をするか?

こんにちは!

三鷹のタイ古式マッサージ リラックス・ボディです。

三鷹アトピー性皮膚炎あなたは日常生活において、慢性的なつらいアトピーで
お悩みではありませんか?

アトピーでかゆみが起きたら、まず最初に何をしたらよいのか?

『うっ、かゆい!』ポリポリ・・・

かゆくなると、すぐ、このように条件反射にかいていませんか?

十分な肌活をしていても、かゆみが起こることもあるんです。

でも、かいて皮膚を傷つけては、肌活の地味な積み重ねが台無しに
なってしまうんです。

かきくずしたりすれば、感染症など新たな皮膚疾患を呼び起こしかねません。

といっても、すぐに皮膚科に飛んで行くことは難しい・・・。

そんな時、まずはかゆみを抑えることが大切なんです。

かかずにやり過ごせるように、かゆみの応急処置を覚えておきましょう!

方法はとても簡単なんですよ!

かゆい部分を冷やせばいいんです。

保冷剤や氷があれば、清潔なガーゼやハンカチにくるんで、かゆい部分に
当てるんです。

それが無ければ、水で冷やしたタオルをギュッと絞って当てましょう!

冷えたペットボトルなどを当てる方法もあるんですよ!

冷やすとかゆみが弱くなる理由は次の2つです。

●血管が収縮し、血管の周りにあるかゆみ神経の伝達が遅くなる。

●かゆみを引き起こす細胞や炎症物質の働きが抑制され、
かゆみを感じにくくなる。

注意点は保冷剤や氷を使う場合、直接、肌に当てないことなんです。

皮膚や皮下組織を痛める恐れがあるからなんです。

また、必要以上に長時間冷やすと、そのあと反動で急激に血管が拡張し、
かゆみが強くなることもあるので知っておいてください。

なので、私は5~10分、またはかゆみが引くまで当てることを
オススメしているんですよ!

また、これに準じるかゆみ抑制方法として、メンソールやハッカ油などを
塗ることが挙げられるんです。

スーッとする冷感があり、一時的にかゆみを忘れさせてくれるんです。

ただし、冷やした時のように細胞や炎症物質の働きが抑制されることは
ありませんので、効果は劣るといえるんです。

まとめますと、

アトピーでかゆみが起きたら、まず最初に何をしたらよいのか?

まずはかゆい部分を冷やせばいいんです。

保冷剤や氷があれば、清潔なガーゼやハンカチにくるんで、かゆい部分に
当てるんです。

冷やすとかゆみが弱くなる理由は次の2つです。

●血管が収縮し、血管の周りにあるかゆみ神経の伝達が遅くなる。

●かゆみを引き起こす細胞や炎症物質の働きが抑制され、
かゆみを感じにくくなる。

また、必要以上に長時間冷やすと、そのあと反動で急激に血管が拡張し、
かゆみが強くなることもあるので知っておいてください。

また、これに準じるかゆみ抑制方法として、メンソールやハッカ油などを
塗ることが挙げられるんです。

スーッとする冷感があり、一時的にかゆみを忘れさせてくれるんです。

アトピー性皮膚炎のかゆみや湿疹を抑えるには、まずは肌活が
行なうことが一番大切なんですよ!

ぜひ、あなたもアトピー性皮膚炎を抑えるためにも、肌活を実践してみませんか?

肌活によって、ストレス、イライラ、精神疲労、不眠症、自律神経の乱れといった
症状を改善することができますよ!

今回もブログを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?