かゆみや赤みが消えたので、薬を止めてもいいですか?

アトピー性皮膚炎

mitakaarerugi

当店の患者様から、首題における質問がありましてので、ご回答させていただきます。

mitakaatopi

東京三鷹アレルギー性皮膚炎

かゆみや赤みが消えても、自己判断で薬を中止せずに医師に相談してください。

表面の皮膚はきれいに見えても、炎症を起こす物質が皮膚の細胞にまだ残っている可能性があるんですよ!

炎症のあった部位の皮膚をつまんでみて、硬い部分がないことを確認しましょう!

それが一つの目安なんです。

治療が不十分な状態でステロイド外用薬やタクロリムス外用薬を中止してしまうと、すぐに症状がぶり返してしいます。

また、皮膚の硬い部分が無くなり、十分に症状が状態である寛解になっても、しばらくするとまた炎症が繰り返されることもあり、それがアトピー性皮膚炎の特徴でもあるんです。

それでも、治療を続ければ軽い期間がだんだん延びていきますから、あせらずに治療を続けてみてください。

そこで、そのような症状でつらくてお悩みでしたら、血液とリンパと気の流れを良くして、炎症を根本から抑えて根本治療を目指しているタイ古式リンパマッサージが体内の毒素を排出していき、
完治に導いていくことが期待できるので、大変おすすめですよ!

当店では、あなたのアトピー性皮膚炎が完治に向かうことを心なら願っております。

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?