【事例1】お尻がかゆい時は?NO2

カンジダ症

◆【事例1】お尻がかゆい時は?NO2

こんにちは!

東京都三鷹市のタイ古式マッサージ リラックスボディです。

東京三鷹お尻のかゆみ

あなたは日常生活において、慢性的なつらいアトピーやアレルギー、
かゆみや湿疹、かぶれといった症状でお悩みではありませんか?

ちなみに、デリケートゾーンとお尻のかゆみには、
こんな症状の可能性があるんです。

デリケートゾーンとお尻のかゆみには、様々な原因が
考えられるんです。

接触皮膚炎、カンジダ症、温水洗浄便座のカビ、便秘、下痢、
ぎょう虫、痔、乾燥、ケジラミ症、疥癬、尖圭コンジローマ、
ヘルペス感染症、糖尿病、おしっこかぶれ、拭き取りグッズ、
硬い椅子などです。

当店の患者様によく聞かれることは、お尻がかゆい時は
何が原因ですか?と質問されるんです。

その症状はおそらく、カンジダ症ではないかと思われます。

接触皮膚炎の原因と思われるものを排除してもかゆみが続く場合は、
カンジダ菌が肛門などに繁殖しているかもしれません。

カンジダ菌は誰の皮膚にもいる常在菌で、繁殖する部位によって
口腔カンジダ症やカンジダ性指間びらん症なども引き起こすんです。

カンジダ菌は口や消化器官にもいて、便にも大量に含まれているんです。

そのため、肛門周りをどれだけ清潔にしても、カンジダ菌の
完全除去は不可能です。

自分の手当てだけでは限界があることが多いので、皮膚科専門医を
早めに受診して、抗真菌薬を処方してもらうことも大切です。

まとめますと、

接触皮膚炎の原因と思われるものを排除してもかゆみが続く場合は、
カンジダ菌が肛門などに繁殖しているかもしれません。

カンジダ菌は誰の皮膚にもいる常在菌で、繁殖する部位によって
口腔カンジダ症やカンジダ性指間びらん症なども引き起こすんです。

アトピーやアレルギー症状、かゆみや湿疹、かぶれを早めに抑えるには、
まずは肌活が行なうことが一番大切なんですよ!

ぜひ、あなたもアトピー性皮膚炎やアレルギー症状を抑えるためにも、
肌活を実践してみませんか?

肌活を継続的に行なうことで、ストレス、イライラ、精神疲労、不眠症、
自律神経の乱れといった症状を改善することができますよ!

今回もブログを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?