【事例】フケが出てかゆく、ごっそり毛が抜ける時は?

かゆみ抑制

東京三鷹アトピー性皮膚炎

◆【事例】フケが出てかゆく、ごっそり毛が抜ける時は?

こんにちは!

三鷹のタイ古式マッサージ リラックス・ボディです。

三鷹かゆみ抑制

あなたは日常生活において、慢性的なつらいアトピーの
かゆみや湿疹といった症状でお悩みではありませんか?

【推定1】しらくも

『パラパラと大量のフケが出てかゆい』

『白っぽいかさぶたができる』

『大量に毛が抜ける』という症状がそろった時は、頭の水虫である
しらくも(頭部白癬)の可能性があります。

水虫の原因である白癬菌は、頭に寄生することもあり、これを
医学的には『頭部白癬』と言い、一般的には『しらくも』と
呼んでいるんです。

しらくもはフケやかゆみは脂漏性皮膚炎などの症状と共通するんですが、
髪の毛が抜けやすくなる点が大きな違いなんです。

【症状】

白癬菌が頭皮などの角質層、あるいは手足の爪などで繁殖する
『浅在性白癬』も困りものなんですが、真皮や皮下脂肪組織などの
深部に侵入して『深在性白癬』になってしまうと、さらに厄介なんです。

頭部の場合、白癬菌の毛穴は奥へと入り込み、非常に治りにくい
『ケルズス禿瘡(とくそう)』になることもしばしばあるんです。

脱毛はケルズス禿瘡(とくそう)のためだと推察されるんです。

【対処法】

しらくもは自然に治ることはありません。

皮膚科専門医で白癬菌の有無を検査して、しらくもだとわかったら、
抗真菌薬で治療します。

慢性化したり、治療が不適切だったりすると、毛根が破壊されて
二度と毛が生えてこなくなる可能性もあるんです。

思い当たる場合は『ちょっとかゆいだけ』と侮らず、早めに
治療しましょう!

また、ネコに寄生しやすい白癬菌がいることも知っておきましょう!

感染したネコを飼っていた場合、人間が感染することもあるんです。

このように、同じ病原体によって、人と動物の両方が病気になる
感染症を『人獣共通感染症(じんゆう)』と言います。

まとめますと、

しらくもは、大量のフケが出たり、白っぽいかさぶたができたり、
大量に毛が抜けるという症状がそろった時は、頭の水虫である
しらくも(頭部白癬)の可能性があります。

水虫の原因である白癬菌は、頭に寄生することもあり、これを
医学的には『頭部白癬』と言い、一般的には『しらくも』と
呼んでいるんです。

しらくもはフケやかゆみは脂漏性皮膚炎などの症状と共通するんですが、
髪の毛が抜けやすくなる点が大きな違いなんです。

それと、感染したネコを飼っていた場合、人間が感染することもあるんです。

あなたもかゆみや湿疹といったつらい症状を抑えるために、
肌活を実践してみませんか?

肌活を行なうことで、かゆみや湿疹といった症状を早く改善することができて、
お体が楽になって、体調が良くなってきますよ!

ぜひ、この機会に、肌活を実践してみてください。

今回も最後までブログをご覧いただき、ありがとうございました。

 

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?