「アトピー性皮膚炎」と診断され、どんな病気ですか?

アレルギー性皮膚炎

三鷹で良く効くアトピー治療を受けたいなら、タイ古式マッサージ リラックス・ボディ

あなたは日常生活において、アトピー性皮膚炎でお悩みではありませんか?

東京三鷹アトピー性皮膚炎

先日、アトピー性皮膚炎と診断された患者さんが来店され、それはどんな病気なのか?と質問されたので、回答していきますね!

その症状は、かゆみを伴う湿疹などの症状が皮膚に現れ、慢性席に良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気を指すんです。

アトピー性皮膚炎の患者さんの多くは、「アトピー性皮膚炎」と呼ばれるアレルギーを起こしやすい体質を持っているんです。

アトピー素因をもっているかどうかは、以下の2点で判断することができます。

①両親や家族、本人が気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちのいずれか、あるいは複数にかかったことがある。

②Ige(免疫グリブリンEというアレルギー反応に関与する抗体を産生しやすい対すつである。

といった2点が挙げられます。

ただし、アトピー性皮膚炎の定義では、アレルギーの存在は必須ではないんです。

素因を持たない人でも、アトピー性皮膚炎になることがあるため、アトピー要因は診断の際の手掛かりの一つです。

アトピー性皮膚炎の診断基準は、参考までに日本皮膚科学会がまとめた「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」には、次のように記されています。

①かゆみがある

②特定的な皮疹(皮膚に現れる肉眼的変化である発疹の表現方法)とできやすい部位

・赤い発疹(紅斑こうはん)、ジュクジュクした赤い発疹(湿潤性紅斑)、かさぶた(痂皮)、皮膚の表面がゴワゴワと硬くなる苔癬化(たいせんか)、皮膚が細かくはがれた状態(鱗屑りんせつ)など。

・額・目や口のまわり、唇、耳のまわり、頸部(首)、四肢の関節、体幹などにできやすく、体の左右の同じような部位に見られる。

※できやすい部位は年齢によって異なり、乳児期は頭や顔に始まり、しばしば体幹や四肢に下降する。

幼少児期は頸部と四肢関節部に病変が見られ、思春期・成人期は上半身(頭、頸部、胸、背中)に発症する傾向があります。

③経過

・症状が繰り返し起こる。

・乳児では2か月以上、その他の年齢では6か月以上症状が続いている。

このうちの①、②および③が当てはまれば、症状の軽い重いを問わず、アトピー性皮膚炎と診断されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

最近の記事

  1. 蚊に刺された時に爪でバッテン印をつけるとかゆみが治まるのはなぜです…

  2. 「アロネーシス」(痒覚過敏)とはどんなものですか?

  3. 男性と女性でかゆみの感じ方に違いはありますか?

  4. かけばかくほど炎症が悪化するのはなぜですか?