頭のかゆみ~【事例】フケが出てかゆい時は?

かゆみ抑制 脂漏性皮膚炎

◆頭のかゆみ~【事例】フケが出てかゆい時は?

あなたは日常生活において、慢性的な辛いアトピーの
症状でお困りではありませんか?

頭のかゆみの原因には、こんな可能性もあるんですよ!

ちなみに、頭のかゆみの原因には、脂漏性皮膚炎、シャンプー、
毛染めや育毛薬による接触皮膚炎(かぶれ)、しらくも、
乾癬、ケジラミなどが考えられます。

また、頭皮は体の中で最も皮脂線が多い部分なんです。

そのため、髪の毛や帽子で蒸れて雑菌が繁殖し、かゆみに
つながることも少なくないんです。

【事例】フケが出てかゆい時は?

【推定】脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎
フケが出てかゆい時は、脂漏性皮膚炎の可能性があります。

頭皮は、脂漏性皮膚炎の好発部位の1つなんです。

【症状】

脂漏性皮膚炎が発生しやすいのは、頭皮の他、額と鼻筋を
結んだTゾーン、耳の後ろなど、皮脂の分泌が多い場所なんです。

赤み、湿疹などがあり、多くはかゆみを伴うんです。

脂漏性皮膚炎になるとフケ状にむけた皮膚に付着することがあり、
それがフケのようにパラパラはがれることもあるんです。

そのため単なるフケ症と勘違いしがちなんですが、脂漏性皮膚炎の
場合は、頭皮が乾燥してできるパラパラした細かいフケではなく、
やや大きめのかさぶたのようなものなんです。

【原因】

紫外線や細菌、カビ(真菌)、汗などの影響で皮脂で変質し、
皮膚を刺激することが主な原因だと考えられているんです。

つまり、『自分の皮脂で自分の肌がかぶれている』とも
言えるんです。

また、『マラセチア』というカビの一種が増殖した時も、
その代謝物が皮脂を刺激し、炎症を起こすんです。

マラセチアは体のどこでもいる常在菌なんですが、皮脂や汗を
好むため、皮脂が過剰分泌されると増殖するんです。

皮脂の過剰分泌の要因には、皮脂の代謝を抑制すると
ビタミンB群の不足、皮脂の分泌を増加させるストレス、
不適当な洗髪・洗顔なども挙げられるんです。

【対処法】

①頭皮の清潔を心がけ、こすり過ぎないようにする。

②ストレスや疲れをためないように、規則正しい生活や
休息を心がける。

ストレスのない生活はあり得ませんし、具体策も各人各様に
なるんです。

私自身も脂漏性皮膚炎があるかもしれないんですが、ストレスが
溜まると、確実に悪化するのを実感するんです。

③食生活のバランスを取り、脂質を少なめに、ビタミンB群を
多めにするんですよ!

脂質の多い食べ物には、カルビ肉、マヨネーズ、ケーキなどがあります。

ビタミンB群には、ピーナッツなどの豆類、レバー、牛乳、卵、
ブロッコリー・ほうれん草といった緑黄色野菜、ウナギ、イチゴ、
みかん、納豆、大豆、マグロ、にんにく、玄米、肉類、アーモンド、
緑茶などに多く含まれているんです。

まとめますと、

頭のかゆみの原因には、こんな可能性もあるんですよ!

頭皮は体の中で最も皮脂線が多い部分なんです。

そのため、髪の毛や帽子で蒸れて雑菌が繁殖し、かゆみに
つながることも少なくないんです。

【事例】フケが出てかゆい時は?

【推定】脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎
フケが出てかゆい時は、脂漏性皮膚炎の可能性があります。

頭皮は、脂漏性皮膚炎の好発部位の1つなんです。

特に頭皮は体の中で最も皮脂線が多い部分なんですよ!

そのため、髪の毛や帽子で蒸れて雑菌が繁殖し、かゆみに
つながることも少なくないんです。

①頭皮の清潔を心がけ、こすり過ぎないようにするんです。

②ストレスや疲れをためないように、規則正しい生活や
休息を心がけること。

現代社会では、ストレスのない生活はあり得ませんし、具体策も
各人各様になるんです。

③食生活のバランスを取り、脂質を少なめに、ビタミンB群を
多めに摂ることがとても大切ですよ!

ちなみに、脂質の多い食べ物には、カルビ肉、マヨネーズ、
ケーキなどがあります。

そして、ビタミンB群には、ピーナッツなどの豆類、レ
牛乳、卵、ブロッコリー・ほうれん草といった緑黄色野菜、
ウナギ、イチゴ、みかん、納豆、大豆、マグロ、にんにく、
玄米、肉類、アーモンド、緑茶などに多く含まれているんです。

普段から、かゆみを抑え、完治していくためにも、肌活を
実践していきませんか?

肌活を行なうことによって、あなたのアトピーの症状が、かゆみが早く
改善していくことを心から願っています。

今回も最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

 

東京三鷹のタイ古式マッサージ リラックス・ボディの代表兼ほぐしストの久保哲司です。
タイ古式リンパマッサージ店を開業しています。
当店は開業16年の施術実績があり、常連のお客様からの信頼も得ています。
常連のお客様からは【アニキ】と呼ばれています。

◆【開業のきっかけ】
開業したきっかけは、サラリーマン時代に自分が腰痛(腰椎椎間板ヘルニア)になった辛い経験から、腰痛持ちでお悩みの方を助けてあげたいと思い、この商売を始めました。
リンパの流れと血流と気の流れで症状を改善します。

現在はタイ古式リンパマッサージのリンパの流れと血液の流れのメリットを生かすため、肝機能と腎機能の活性化を目指し、アトピー性皮膚炎とアレルギー疾患に特化した施術に取り組んでいます。

開業16年の治療家経験が、あなたのアトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎の克服につながるよう、あなたの健康を見守っていきます。

アトピー治療には、本場タイではハーブの宝庫であるタイ式ハーブマッサージの導入により、ハーバルボールと呼ばれている薬草玉を使い、ハーバルボールを使った温熱療法により、効果的にアトピー性皮膚炎を根本から改善していきます。
アトピーによるかゆみや湿疹でお悩みの方は、ぜひ、アトピー改善セラピーをお試しください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆プロフィール

●2006年4月~2007年9月

サラリーマン退職後、4月より、タイに渡り、
マッサージの総本山であるワットポーにて、タイ古式マッサージの修行および
その他の施術を学ぶ。

●2006年4月~2006年10月

タイ古式マッサージ、マッサージセラピー取得

●2006年7月~2006年9月

タイ式フットマッサージ取得

●2006年10月~2006年12月
中国式フットマッサージ取得

●2006年10月~2007年7月
タイ古式マッサージ、アドバンスコース取得

治療を目的とした施術療法を学ぶ。

●2007年1月~2007年3月
タイ式ベビーマッサージ取得

●2007年2月~2007年4月
ルーシーダットン(タイ式ストレッチ)アドバイザー取得

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●タイドイ・ナム・サブマッサージスクール

●2006年10月~2007年3月
タイ式ハーブマッサージ取得
薬草玉(ハーバルボール)による温熱療法
アトピー性皮膚炎の施術療法に効果抜群!

●2007年7月~2008年1月
トークセン(木づちマッサージ)取得

※詳しいマッサージ取得情報は、当店の施術室に貼ってある
各マッサージ修了証をご覧ください。

ありがとうございました。

関連記事