肝臓の病気が原因でかゆみが生じることはありますか?

アトピー性皮膚炎

こんにちは!

当店の患者様から、首題の質問がありましたので、ご回答させていただきます。

東京三鷹アトピー性皮膚炎

肝臓の機能が低下すると皮膚や目が黄色くなる「黄胆」という状態が現れ、疲労感や脱力感とともに、局所的あるいは全身に強いかゆみが生じます。

このような肝疾患に伴うかゆみは、あまり知られていないんですが、慢性肝疾患の患者さんを対象にしたアンケート調査では約40%の人がかゆみを自覚しているとの報告がされているんです。

そもそも、かゆみはヒスタミンとオピオイドという物質が関係する中枢性に分類され、かゆみはヒスタミンという物質を原因とする末梢性と、オピオイドという物質が関係する中枢性に分類され、肝臓の病気によるかゆみは中性性に属します。

オピオイドには、かゆみを引き起こすβーエンドルフィンと、かゆみを抑えるダイノルフィンがあるんですが、体内でこの2つのバランスが崩れ、βーエンドルフィンが優位になることでかゆみが生じるんです。

こうした中枢性のかゆみには、抗ヒスタミン薬やステロイド外用薬などが効かない場合が多いという特徴があるんです。

そんな中、2015年にオピオイドのバランスを整え、かゆみを抑制する薬剤である「レミッチ」の使用が承認されているんです。

そこで、当店でとてもおすすめなのが、血液とリンパと気の流れを良くすることで、体内に溜まったなかなか取れない毒素を体外に排出して症状を良くしていく、当店のタイ古式リンパマッサージが常連の方に大好評となっています。

ちなみに、当店のタイ古式リンパマッサージは、血液とリンパと気の流れを良くして活性化していくことで、代謝やホルモンバランスを良くするので、対処療法ではなく、根本治療をメインで行なっていますので、かゆみや湿疹などには、とても効果的な根本手技療法となっています。

当店では、あなたのかゆみと湿疹といった症状で、辛いアトピー性皮膚炎の症状が1日でも早く完治することを心から願っています。

ブログをお読みいただき、ありがとうございました。

◆ご相談・お問い合せはこちらを今すぐクリックしてください!
▼▼▼▼
https://form.os7.biz/f/df000fe4/

◆LINE友達募集中!

https://line.me/R/ti/p/@071jusrz

電話からのご予約はこちら
ここをタップして電話をかける。
▼▼▼▼
TEL 0422-76-2022

◆LINEからのご予約
こちらをタップしてください。

https://line.me/R/ti/p/@071jusrz

◆LINE友達登録による感謝特典
①特典1:
只今、LINE友達登録のお客様感謝特典があります。(初回限定)

②特典2:
LINEスタンプが5個貯まるとメリットのあるクーポンも発行しています。

 

 

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?