肌をかかずにかゆみを抑える方法はありますか?

アトピー性皮膚炎

こんにちは!

当店の患者様から、首題の質問がありましたので、ご回答させていただきます。

東京三鷹アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の患者さんとかゆみは、残念ながら切っても切れない関係なんですよ!

アトピー性皮膚炎の人を対象に、かゆい時の対処法について調査をした結果、最も多かった回答が「冷やす」、次いで「気をそらす」でした。

かきたい衝動にかられたら、とりあえず深呼吸をしてみてください。

自然体で立ち、できるだけ長くゆっくり口から息を吐きます。

息を吐き終わったら、軽く口を閉じ、頭の中で「1、2、3」と数えます。

口を閉じると自然に鼻から息が入ってくるので、吸うことを意識しないこと、頭は下がらないように、やや上を向くのがコツなんです。

深呼吸は一番簡単にできるストレス解消法なんですよ!

リラックスしている時の呼吸が深くゆっくりしているのに対し、強いかゆみなどのストレスを感じると、呼吸は浅くなり過呼吸の状態になっているんです。

深くゆっくりした呼吸は、交感神経の緊張を和らげ、気持ちをリラックスさせるんですよ!

緑茶やコーヒーな、好みの飲み物を楽しんでリラックスするのも効果的なんです。

また、「かきグセ」の対処も実行してみてください。

そこで、当店でとてもおすすめなのが、血液とリンパと気の流れを良くすることで、体内に溜まった嫌な毒素を体外に排出して症状を良くしていく、当店のタイ古式リンパマッサージが常連の方に大好評となっています。

ちなみに、当店のタイ古式リンパマッサージは、血液とリンパと気の流れを良くして活性化していくことで、代謝やホルモンバランスを良くするため、他店のような対処療法ではなく、根本治療をメインで行なっていますので、かゆみや湿疹などの症状には、とても効果的な根本手技療法となっています。

当店では、あなたのかゆみと湿疹で慢性的なアトピー性皮膚炎の症状が1日でも早く完治することを心から願っています。

ブログをお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?