湿疹が治らず、引っかくとジュクジュクした液体が出ます!原因はなんですか?

アトピー性皮膚炎

地元三鷹駅前でアトピー治療で良く効く専門サロンといえば、タイ古式マッサージ リラックス・ボディにお任せください!

当店はセラピスト歴18年目の熟練のほぐしストがあなたの慢性的なつらいアトピーを根本的に改善して健康な体に導きます。

東京三鷹アトピー性皮膚炎

湿疹が治らず、引っかくとジュクジュクした液体が出ます!原因はなんですか?

当店の患者様より、首題の質問がありますので、ご回答していきますね!

人間の皮膚は、ダニや花粉、カビ、ペットの毛などのアレルゲンが入ってこないように、皮脂の膜と皮膚の表面のか各層の硬い膜のバリアによって守られています。

アトピー性皮膚炎の患者様には、この各層が弱く、皮脂の少ない人が多く、
皮膚のバリア機能に弱って、乾燥してひび割れた状態が見られるんです。

このように、皮膚ではアレルゲンが入りやすくなるんですよ!

アレルゲンが皮膚に入ってしまうと、白血球が皮膚に寄っていき、アレルゲンが付いた皮膚を壊して小さな水ぶくれを作って、アレルゲンを体から出す反応をします。

これが湿疹という皮膚炎なんです。

皮膚炎を引っかくと出てくるジュクジュクした液体は「浸出液」と呼ばれるんです。

浸出液には、アトピー体質を作る細胞を増やすTh2サイトカインという成分などが含まれているため、皮膚炎が繰り返し続くと皮膚が敏感に反応するようになり、アトピー性皮膚炎を発症することがあるんです。

つまり、アトピー性皮膚炎は自分を守る反応が過剰になってしまった状態とも言えるんですよ!

あなたが日常生活において、慢性的なつらいアトピーが早く完治することを心から願っております。

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?