洗顔料、シャンプー、ボディソープを選ぶ時の注意点は?

アトピー性皮膚炎

こんにちは!

当店の患者様より、首題による質問がありましたので、ご回答させていただきます。

東京三鷹アレルギー性性皮膚炎

ドラッグストアなどのシャンプーやボディソープ、洗顔料のコーナーには、様々な種類の製品が販売されていますが、それらを大きく「弱酸性」と「弱アルカリ性」で分類できます。

弱酸性の良いところは、肌自体が弱酸性なので刺激が少ないという点なんです。

ただし、洗浄力の弱さがデメリットとして挙げられます。

逆に弱アルカリ性の製品は、洗浄力が強く、特に肌の脂分の汚れを落としてくれる点で、すぐれています。

ただし、弱酸性のものに比べて、肌への刺激が強まるというデメリットがあるんですよ!

このような比較からわかるように、乾燥肌や敏感肌の人には弱酸性の製品を使用することをおすすめします。

ただし、肌にはもともとアルカリ性を中和して、もとの弱酸性に戻すという「アルカリ中和能」が備わっているため、健康な肌であれば弱アルカリ性の製品を使用しても問題はありません。

そこで、当店で現在、大変、おすすめなのが、血液とリンパと気の流れを良くすることで、体内に溜まった嫌な毒素を体外に排出してアレルギー症状を良くしていく、当店のタイ古式リンパマッサージが常連の方と新規の方に大好評となっています。

ちなみに、当店のタイ古式リンパマッサージは、血液とリンパの流れと気の流れを良くして活性化していくことで、自律神経や代謝やホルモンバランスを良くするため、他店の施術のような対処療法ではなく、当店では根本治療をメインで行なっていく手法なので、かゆみや湿疹などには、とても効果的な根本手技療法となっています。

当店では、あなたのつらいかゆみと湿疹などで、で慢性的なアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎の症状が1日でも早く完治することを心から願っています。

ブログをお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

最近の記事

  1. 酒やタバコはアトピー性皮膚炎を悪化させますか?

  2. かゆみを招きやすい食べ物はありますか?

  3. ビタミンDはアトピー性皮膚炎に効果はありますか?

  4. 乳酸菌はアトピー性皮膚炎に効果がありますか?