汗をかいたら、早めに流すのがアトピーの方の肌活のコツ!

アトピー性皮膚炎

◆汗をかいたら、早めに流すのがアトピーの方の肌活のコツ!

こんにちは!

タイ古式マッサージ リラックス・ボディの久保です。

日常生活において、しっかりといい汗をかいていますか?

汗をかいたら、すぐに洗い流すのがコツなんですよ!

私は患者さんに『普段からいい汗をかいてくださいね!』
と、言うことがあります。

ちなみに、
いい汗をかくことが、いい肌活になるからなんです。

私がこう言うと、
『満員電車でジトッとした嫌な汗をかくと、かゆくて
たまらなくなるんです。でも、満員電車なので、かくことも
できない。』と、アトピー性皮膚炎の患者さんが
訴えることがあるんです。

そうなんです。

実は、精神的ストレスでかく『ジットリした汗』と
運動でかく『サラサラした汗』は別物なんですよ!

なので、
運動をして『サラッとしたさわやかな汗』をかくことが
非常に大切なんです。

ちなみに、汗には大きく分けて2種類あります。

一つは、『冷や汗』『あぶら汗』『手に汗にぎる』などの精神的なストレスを
受けた時にかく『ジットリした不快な悪い汗』なんです。

もう一つは、スポーツをした時や入浴をして体温が上がり、
体内の循環が良くなった時にかく、『サラっとしたさわやかな汗』なんです。

この2つの汗は成分やPH(酸性度、アルカリ度を示す値。中性は7)が
違っているんです。

なので、二つ目の『サラッとさわやかないい汗』の方は、PH値9以上と、
石鹸に近い弱アルカリ性なため、洗浄能力にすぐれているんです。

成分も99%が水分であり、汗自体でかゆみが生じることはないんです。

それと、汗には蒸発する時に熱を奪って体温を下げる他に、
お肌に大切な3つの役目があるんですよ!

一つ目は保湿。

汗はお肌のうるおいを保ちます。

二つ目はバリア機能。

汗は皮脂と混じって皮脂膜になり、細菌やアレルゲンから皮膚を
守るんです。

そして三つ目が『肌活=お肌を清潔に保つ(清潔)』の役割なんです。

汗はお肌の表面の汚れを流してくれるんですよ!

ただし、汗はかいたら早く洗い流すことが肝要なんです。

健康なお肌は弱酸性なので、PH値の高い汗を放置すると、
皮膚フローラが崩れてしまうんです。

まとめますと、

・いい汗をかくことが、いい肌活になるんです。

・汗には2種類あるんです。
一つ目は『ジットリした不快な汗』の中に、『冷や汗』『あぶら汗』
『手に汗にぎる』などの精神的なストレスを受けた時にかく汗。

もう一つは、『サラッとしたさわやかな汗』で、スポーツをした時や
入浴をして体温が上がり、体内の循環が良くなる汗。

といった2つの対照的な汗なんです。

・汗にはお肌に大切な3つの役目があるんです。

①保湿

②バリア機能

③肌活=お肌を清潔に保つ

の3つの役目があるんです。

ということで、ブログも長くなりましたので、この続きは
次回にお伝えしますね!

今回もブログをご覧いただき、ありがとうございました。

関連記事

最近の記事

  1. 蚊に刺された時に爪でバッテン印をつけるとかゆみが治まるのはなぜです…

  2. 「アロネーシス」(痒覚過敏)とはどんなものですか?

  3. 男性と女性でかゆみの感じ方に違いはありますか?

  4. かけばかくほど炎症が悪化するのはなぜですか?