毛細血管の働きも良くなるとアトピーに効果的な理由とは!

アトピー性皮膚炎

タイ古式マッサージは血液とリンパの流れを良くして毛細血管の働きも良くするので、アトピーに効果的な理由について、以下のように説明します。

東京三鷹アトピー治療

アトピー性皮膚炎とは、遺伝的な素因や環境的な要因によって、皮膚のバリア機能が低下し、外部からの刺激に対して過敏に反応する病気です。

この反応は、免疫系が関与しており、免疫細胞からさまざまな物質が分泌されます。

その中の一つがヒスタミンなんです。

ヒスタミンは、アレルギー反応や炎症反応において重要な役割を果たす物質で、血管を拡張させたり、毛細血管の透過性を高めたりして、免疫細胞や栄養素を現場に運ぶ働きをします。

しかし、ヒスタミンは同時に神経末端に作用して、かゆみを引き起こす作用も持っています。

アトピー性皮膚炎の患者さんは、皮膚のバリア機能が低下しているため、ヒスタミンの分解能も低下しています。

そのため、体内にヒスタミンが溜まりやすくなります。

また、皮膚の表面に近いところまで神経線維が伸びてきているため、わずかな刺激でもかゆみを感じやすくなります。

したがって、アトピー性皮膚炎では、免疫系の反応によって多量に分泌されたヒスタミンが神経線維に作用し、強いかゆみを引き起こすというメカニズムが考えられます。

しかし、アトピー性皮膚炎のかゆみはヒスタミンだけが原因ではありません。

実際には、ヒスタミン以外にも多くの物質がかゆみを誘発することが分かっています。

例えば、プロスタグランジンやロイコトリエンといった脂肪酸代謝物質や、サブスタンスPや神経ペプチドYといった神経伝達物質などです。

これらの物質は、それぞれ異なるレセプターを介して神経末端に作用し、かゆみを感じさせます。

そのため、抗ヒスタミン剤だけでは十分にかゆみを抑えることができません。

抗ヒスタミン剤は主に眠気を引き起こす副作用がありますが、眠っている間はかゆみを感じにくくなるという効果もあります。

アトピー性皮膚炎のかゆみを抑えるためには、抗ヒスタミン剤だけでなく、他の物質の分泌や作用を抑制する薬やサプリメントも併用する必要があります。

また、皮膚のバリア機能を回復させるためにも、保湿や栄養補給などのスキンケアも重要です。

さらに、ストレスや睡眠不足などの生活習慣の改善もかゆみの軽減に効果的です。

ここで、タイ古式マッサージが血液とリンパの流れを良くして毛細血管の働きも良くすることで、アトピーに効果的な理由について考えてみましょう。

タイ古式マッサージとは、タイの伝統的なマッサージの一種です。

2019年12月にはタイの無形文化遺産にも登録され、国内外を問わず高い評価を受けています。

タイ古式マッサージは、ストレッチや指圧、整体などの手法を用いて、全身の血液やリンパ、気(エネルギー)の流れを改善するマッサージです。

タイ古式マッサージは、自律神経に作用してその働きを整えるマッサージ技術です。

自律神経とは、内臓や血液、免疫などをつかさどっている神経で、人間の意思ではコントロール不可能なものです。

タイ古式マッサージは、この自律神経に働きかけて、免疫力を高め、内臓を強くし、ホルモンのバランスを整えていくことができます。

これは、アトピー性皮膚炎の原因となる免疫系の過敏反応や炎症反応を抑制することにつながります。

また、血液やリンパの流れがよくなることで、体内に溜まったヒスタミンや他の物質を分解・排出しやすくなります。

これは、アトピー性皮膚炎の症状となるかゆみや赤みを軽減することにつながります。

さらに、タイ古式マッサージは、「世界で一番きもちがいいマッサージ」とか「2人でするヨガ」とも呼ばれています。

これは、ストレッチをしながら、1人では難しいヨガのポーズをとらせてあげることができるからです。

心地よいマッサージで体をほぐしながら、ヨガのポーズで気持ちをしずめ、心を落ち着かせることができます。

これは、アトピー性皮膚炎に影響するストレスや不安を和らげることにつながります。

以上のように、タイ古式マッサージが血液とリンパの流れを良くして毛細血管の働きも良くすることで、アトピーに効果的な理由は以下の通りです。

• 免疫系の過敏反応や炎症反応を抑制する

• ヒスタミンや他の物質を分解・排出しやすくする

• ストレスや不安を和らげる

ただし、タイ古式マッサージは万能ではありません。場合によってはタイ古式マッサージを受けない方がよいときもあります。

施術前に必ず注意点を確認しておいてください。

関連記事

最近の記事

  1. 蚊に刺された時に爪でバッテン印をつけるとかゆみが治まるのはなぜです…

  2. 「アロネーシス」(痒覚過敏)とはどんなものですか?

  3. 男性と女性でかゆみの感じ方に違いはありますか?

  4. かけばかくほど炎症が悪化するのはなぜですか?