極端な清潔志向はアトピーの一因になる!

アトピー性皮膚炎

◆極端な清潔志向はアトピーの一因になる!

こんにちは!

三鷹タイ古式マッサージ リラックス・ボディです。

あなたは日常生活において、慢性的なつらいアトピーで
お困りではありませんか?

三鷹アトピー性皮膚炎

三鷹アトピー性皮膚炎

ちなみに、皮膚フローラの乱れは、アトピー性皮膚炎を誘発する
一因になることがわかっているんです。

ある研究で、アトピー性皮膚炎の患者様の皮膚では、常在菌の種類が
著しく少なくなっており、しかも過半数が悪玉である黄色ブドウ球菌で
あることが明らかになっていたそうです。

さらにマウスを使った実験では、皮膚表面の常在菌のバランスを
整えることで、アトピー性皮膚炎の症状が改善することも
証明されているんです。

例えば、別の研究では増加した黄色ブドウ球菌が出す毒素が、
アレルギー反応やかゆみを起こすヒスタミンなどを放出する
『マスト細胞(肥満細胞)』を過剰に刺激し、かゆみや炎症の
原因となっていると報告されているんです。

なので、そういうこともあって、私は近年の極端な清潔志向が、
アトピー性皮膚炎の増加に拍車をかけているのではないかと
考えているんです。

また、現代の日本は、とてもいい衛生状態が保たれています。

それなのに、『もっときれいにしなきゃ!』と除菌や消毒、
洗浄をしすぎるのは、極端な清潔志向といわざるを得ません。

でも、不潔でいいわけではもちろんありません。

しかし、肌活の求める清潔さとは、1日に何度も石鹸で体を
こすり洗いすることではないんですよ!

そんなことをしていては、皮膚フローラが作る皮膚のバリアを
壊してしまうんです。

なので、アレルゲンが侵入しやすくなり、アトピー性皮膚炎の
発症を促してしまうんです。

お風呂では、『洗いすぎない』『こすらない』『洗浄剤を使いすぎない』
という3つのポイントがとても重要なんですよ!

この3つのコツで、皮膚フローラのバランスを整えば、アレルギーを
誘発する経皮感作の予防やアレルギーマークの進行を防ぐことにも
つながるんです。

なので、アレルギーを防げれば、アトピー性皮膚炎を発症しにくいお肌に
なるんです。

たとえアトピー性皮膚炎になっていたとしても、症状が悪化しにくいお肌を、
作れるんです。

まとめますと、

皮膚フローラの乱れは、アトピー性皮膚炎を誘発する一因になるんです。

アトピー性皮膚炎の患者様の皮膚では、常在菌の種類が
著しく少なくなっており、悪玉である黄色ブドウ球菌が増えているんです。

それと、黄色ブドウ球菌が出す毒素が、アレルギー反応やかゆみを起こす
ヒスタミンなどを放出する『マスト細胞』を過剰に刺激し、かゆみや炎症の
原因となっていま

なので、アレルゲンが侵入しやすくなり、アトピー性皮膚炎の発症を促してしまうので、
お風呂では、『洗いすぎない』『こすらない』『洗浄剤を使いすぎない』の3つの
3つのポイントがとても大切なんですよ!

そして、アレルギーを防げれば、アトピー性皮膚炎を発症しにくいお肌になります。

アトピー性皮膚炎のかゆみや湿疹を抑えるには、まずは肌活が一番大切なんですよ!

ぜひ、あなたもアトピー性皮膚炎を抑えるためにも、肌活を実践してみませんか?

肌活によって、ストレス、イライラ、精神疲労、不眠症、自律神経の乱れといった症状を
改善することが」できますよ!

まとめますと、

皮膚フローラの乱れは、アトピー性皮膚炎を誘発する一因になるんです。

アトピー性皮膚炎の患者様の皮膚では、常在菌の種類が
著しく少なくなっており、悪玉である黄色ブドウ球菌が増えているんです。

それと、黄色ブドウ球菌が出す毒素が、アレルギー反応やかゆみを起こす
ヒスタミンなどを放出する『マスト細胞』を過剰に刺激し、かゆみや炎症の
原因となっていま

なので、アレルゲンが侵入しやすくなり、アトピー性皮膚炎の発症を促してしまうので、
お風呂では、『洗いすぎない』『こすらない』『洗浄剤を使いすぎない』の3つの
3つのポイントがとても大切なんですよ!

そして、アレルギーを防げれば、アトピー性皮膚炎を発症しにくいお肌になります。

アトピー性皮膚炎のかゆみや湿疹を抑えるには、まずは肌活が一番大切なんですよ!

ぜひ、あなたもアトピー性皮膚炎を抑えるためにも、肌活を実践してみませんか?

肌活によって、ストレス、イライラ、精神疲労、不眠症、自律神経の乱れといった症状を
改善することが」できますよ!

今回もブログを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

関連記事

最近の記事

  1. 蚊に刺された時に爪でバッテン印をつけるとかゆみが治まるのはなぜです…

  2. 「アロネーシス」(痒覚過敏)とはどんなものですか?

  3. 男性と女性でかゆみの感じ方に違いはありますか?

  4. かけばかくほど炎症が悪化するのはなぜですか?