寝ている間のかきむしりの予防方法とは?

アトピー性皮膚炎

◆寝ている間のかきむしりの予防方法とは?

こんにちは!

三鷹のタイ古式マッサージ リラックスボディです。

三鷹アトピー性皮膚炎

あなたは日常生活において慢性的なつらいアトピーの
かゆみでお悩みではありませんか?

就寝中のかきむしり予防には、次のような対策を行ないましょう!

①保湿を中心とした肌活

アレルゲンは、乾燥肌の荒れた部位、湿疹、ひっかき傷といった
皮膚バリア機能の壊れた箇所から侵入するんです。

そのため、特に乾燥した部分の保湿をしっかりと行ないましょう!

②タクロリムス軟膏を使う。

湿疹ができたら、タクロリムス軟膏などで、素早く炎症を抑えます。

ただし、当店では基本的にステロイド外用薬はオススメしておりません。

③抗ヒスタミン剤などを内服する。

抗ヒスタミン剤はかゆみを和らげてくれるんです。

④爪を短く切る

爪が長いと皮膚を傷つけやすく、傷も深くなるんです。

こまめに爪を切り、爪の先はやすりをかけて滑らかにしておきましょう!

⑤ウェットラップ法

就寝中のかきむしりには、ウェットラップ法が効果的なんです。

外用薬をつけた上に、水などで湿らせたサポーターのような形状の
布をつけ、さらに上から乾いた同様の布をつける方法です。

⑥布手袋をつける。

夜間のかきむしりには、布製の手袋をつけて寝るのも、超おすすめです。

各種のひっかき防止手袋も市販されています。

まとめますと、

就寝中のかきむしり予防には、対策を行なうことがオススメ!

①保湿を中心とした肌活

②タクロリムス軟膏を使う。

ただし、当店では基本的にステロイド外用薬はオススメしておりません。

③抗ヒスタミン剤などを内服する。

④爪を短く切る

⑤ウェットラップ法

⑥布手袋をつける。

といった6つの手法を行なうことが、アトピー性皮膚炎のかゆみを
予防するやり方です。

あなたも日常生活において、慢性的なつらいアトピーの症状を抑えていくためにも、
普段から肌活を実践してみませんか?

日頃から肌活を行なうことで、つらいかゆみ、湿疹、不眠を早く改善していくことが
とても大切なんですよ!

ぜひ、この機会に肌活を行なって、慢性的なつらいアトピー性皮膚炎が抑えられて、
かゆみ、湿疹、不眠のない生活が取り戻せることを願っています。

今回も最後までブログをご覧いただき、ありがとうございました。

 

関連記事

最近の記事

  1. 蚊に刺された時に爪でバッテン印をつけるとかゆみが治まるのはなぜです…

  2. 「アロネーシス」(痒覚過敏)とはどんなものですか?

  3. 男性と女性でかゆみの感じ方に違いはありますか?

  4. かけばかくほど炎症が悪化するのはなぜですか?