今あるかゆみをすぐに抑える方法はありますか?

アトピー性皮膚炎

こんにちは!

当店の患者様より、首題の質問がありましたので、お答えします。

東京三鷹アトピー性皮膚炎

ちなみに、今あるかゆみを抑える「応急手当」は「冷やすこと」なんですよ!

かゆいところに、冷たいおしぼり、冷却まくら、保冷剤などを、柔らかいガーゼなどの布で包んで当てて冷やします。

清潔なスポンジを水で濡らして冷凍庫に入れ、準備しておくと便利ですよ!

ただし、氷や保冷剤を直接肌に当てるのは避けてください。

皮膚を冷やしすぎると、凍傷のようになることがあるので注意が必要なんです。

他に、空調の設定温度を低くするなどの工夫も行なってみてください。

たとえば、夏季であれば冷房を強くする、冬季であれば、暖房を切る。

市販の冷却効果のあるスプレー式の保湿外用薬を利用するのもいいでしょう!

「患部を冷やす」ことは、かゆみを伝える神経の働きや血行を抑えて、ヒスタミンというかゆみの物質が広がるのを防ぐ効果があるため、理にかなっているといえるんです。

ぬるめのシャワーを浴びて汗を流すのも有効なんです。

やってはいけないのは、熱いお湯をかけること。

ヤケドの危険があることに加え、熱いお湯で皮脂が飛んでしまう可能性があり、さらには、熱いお湯を浴びた後は、逆にかゆみが誘発されるんです。

そこで、当店で大変おすすめなのが、血液とリンパと気の流れを良くすることで、体内に溜まった嫌な毒素を体外に排出して症状を良くしていく、当店のタイ古式リンパマッサージが常連の方に大人気となっています。

ちなみに、当店のタイ古式リンパマッサージは、血液とリンパと気の流れを良くして活性化していくことで、代謝やホルモンバランスを良くするため、他店のような対処療法ではなく、根本治療をメインで行なっていますので、かゆみや湿疹などには、とても効果的な根本手技療法となっています。

当店では、あなたのかゆみと湿疹で慢性的な辛いアトピー性皮膚炎の症状が1日でも早く完治することを心から願っています。

ブログをお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?