アトピー治療で安易な自己判断だけは避けよう!

肌活

◆アトピー治療で安易な自己判断だけは避けよう!

こんにちは!

三鷹のタイ古式マッサージ リラックス・ボディの
久保です。

三鷹アトピー性皮膚炎

あなたは日常生活において、慢性的なつらいアトピーの症状で
お困りではありませんか?

今回のブログは前回からの続きになります。

アトピーの治療において、安易な自己判断だけは避けましょう!

アトピーでかゆくなったら、冷やしてとりあえずかゆみを抑えた後は、
皮膚科に行きましょう!

かゆみが慢性化したり、急激に炎症が起きたりした場合は、皮膚科専門医の
診断を受けるのがおすすめなんです。

湿疹、帯状疱疹、蕁麻疹、乾癬といった皮膚疾患や、水虫、たむし、しらくも
といった白癬、そして、疥癬といった感染症が生じている可能性が
あるからなんです。

かゆみの原因は、その他にもたくさんあり、互いにからみ合っていることも
しばしばあるんですよ!

なので、単純に『虫さされかな?』と思っても、実際にはまるで違う
原因であることも多々、あるんです。

中には、『今、虫に刺された』というように、特定できる場合もあるんですが、
ほとんどの原因はわからないか、わかりにくいのです。

自己判断して間違った手当てをすると、かゆみが悪化したり、別の症状を
引き起こしたりする危険があるんです。

逆に症状が長引いてしまうこともあるんです。

軽い気持ちで市販の軟膏を塗らないことが肝要なんですよ!

まとめますと、

アトピーの治療において、安易な自己判断だけは避けてもらいたいです。

アトピー性皮膚炎でかゆくなったら、冷やしてかゆみを抑えた後は、
皮膚科に行きましょう!

皮膚疾患や感染症が生じている場合もあるからなんです。

なので、自己判断して間違った手当てをすると、かゆみが悪化したり、別の症状を
引き起こしたりする危険があるんです。

逆に症状が長引いてしまうこともあるんです。

軽い気持ちで市販の軟膏を塗らないことが肝要なんですよ!

慢性的なアトピーのかゆみ湿疹を抑え、完治していくためにも、肌活を
実践していきませんか?

かゆみ、不眠症、ストレス、イライラ、自律神経の乱れ、精神疲労といった
つらい症状が楽になってスッキリしますよ!

肌活を行なうことによって、あなたのアトピーのかゆみが早く改善していくことを
心から願っています。

今回も最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

最近の記事

  1. 蚊に刺された時に爪でバッテン印をつけるとかゆみが治まるのはなぜです…

  2. 「アロネーシス」(痒覚過敏)とはどんなものですか?

  3. 男性と女性でかゆみの感じ方に違いはありますか?

  4. かけばかくほど炎症が悪化するのはなぜですか?