アトピー性皮膚炎で白内障や網膜剥離になることがあるとは本当ですか?

アトピー性皮膚炎

当店の患者様から首題における質問をいただきましたので、ご回答します。

アトピー性皮膚炎によって、目の周りに皮疹ができた場合、水晶体が濁った病気である白内障や、網膜が眼底から剥がれた状態である網膜剥離、網膜が裂けたり、穴が開いたりすることである網膜裂抗孔になる可能性があります。

ただし、これらの病気はアトピー性皮膚炎が原因で起こるわけではなく、目の周りの皮疹を無意識にかいたり、こすったりすることで眼球が圧迫され、水晶体や網膜に障害が起こることで発症するため、目の扱いには注意が必要なんです。

ちなみに、眼球の構造は、目の周辺をかくと、眼球が圧迫されます。

眼底の網膜に障害が起こると、失明の危険があるため、早期に治療を受けることが大切なんですよ!

水晶体に濁りが出るのが白内障で、急速に進行する場合もあるので注意が必要なんです。

あなたがアトピー性皮膚炎が完治することを心から願っています。

関連記事

最近の記事

  1. 蚊に刺された時に爪でバッテン印をつけるとかゆみが治まるのはなぜです…

  2. 「アロネーシス」(痒覚過敏)とはどんなものですか?

  3. 男性と女性でかゆみの感じ方に違いはありますか?

  4. かけばかくほど炎症が悪化するのはなぜですか?