アトピーの方はビタミンを食べればお肌が強くなる!

アトピー性皮膚炎

◆アトピーの方はビタミンを食べればお肌が強くなる!

こんにちは!

三鷹タイ古式マッサージ リラックス・ボディです。

三鷹アトピー性皮膚炎

三鷹アトピー性皮膚炎

あなたは日常生活において、慢性的なつらいアトピーの症状で
お困りではありませんか?

アトピー性皮膚炎の方に朗報です。

アトピーにはビタミンの摂取が超おすすめなんですよ!

まずはビタミンA・C・Eがオススメ!

『お肌にはビタミンやミネラル、発酵食品を食べるといいのでは?』と
思う人は多いと思います。

まず、ビタミンについて、お伝えしますね!

肌活から考えた場合、『ビタミンACE(エース)』と言われるビタミンA、
ビタミンC、ビタミンEがとても重要なんです。

その理由は、抗酸化作用があり、活性酸素から細胞を保護してくれるからなんです。

また、お肌のターンオーバーを助けるとビタミンB群も忘れてはいけませんよ!

●ビタミンA

ビタミンAには、レバーや卵などの動物性食品に含まれる『レチノール』と、
ほうれん草やニンジンなどの緑黄色野菜に含まれる『ベータカロチン』があるんです。

ビタミンAが不足すると、お肌が乾燥しやすくなるんです。

その理由は、汗腺や皮膚の機能が低下して皮脂量が減り、角質層の保湿機能が
低下するからなんです。

また、ビタミンAが不足すると、皮膚が細菌乾燥を起こしやすくなることも
覚えておきましょう!

一方、『ベータカロチン』やトマトに含まれる『リコピン』が食物アレルギーや
花粉症を抑制することから、マウスで実験した結果、角質層水分量の低下抑制と、
皮膚の炎症細胞の増加抑制の両方があることが明らかになっているんです。

なので、アトピー性皮膚炎の抑制につながることが期待されているんです。

●ビタミンC

ビタミンCは、かんきつ類やイチゴといった果物、ほうれん草やブロッコリーなどの
野菜に多く含まれているんです。

肌活的には、体内の活性酸素を除去してお肌のダメージを防ぎ、また、皮膚の
ターンオーバーを整える作用があるんです。

●ビタミンE

ビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類、胚芽油、ウナギなどの魚介類、大豆、
緑黄色野菜などに豊富に含まれているんです。

強力な抗酸化作用で知られているんですが、肌活的には、皮膚の血行を促進し、
新陳代謝を促す作用がうれしいところなんですよ!

皮膚のバリア機能を強化し、乾燥肌を予防する働きもあるんです。

●ビタミンB群

ビタミンB群には多くの種類があるんですが、肌活的にはB2とB6が特に重要なんです。

ビタミンB2は、ピーナッツなどの豆類、レバー、牛乳、卵、緑黄色野菜などに
多く含まれているんです。

熱に弱い一方で、光に当たると分解しやすいことも知っておいてください。

ビタミンB2は、血管、特に皮膚の毛細血管を丈夫にして血液循環を良くする
働きがあるんです。

これが不足すると、毛細血管が拡張し、日光の透過性が高くなることから、
日光に過敏になるんです。

また、糖質や脂質の代謝を促進して皮膚の健康な成長を助ける作用があり、
欠乏すると皮膚のターンオーバーが乱れたり、乾燥などの肌荒れが
起きやすくなったりすることに気をつけてください。

ビタミンB6を多く含むのは肉類や魚介類で、特にマグロの赤身には豊富なんです。

腸内細菌によっても合成されているんです。

ビタミンB6はホルモンバランスを整える作用があるので、不足すると湿疹、
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)、口内炎などの肌トラブルを招くんです。

まとめますと、

アトピーの方が食べればお肌が強くなるビタミンでお肌をヘルプするんです。

まずはビタミンACE(エース)の3種類が超オススメなんです。

この3種類のビタミンには、抗酸化作用があり、活性酸素から細菌を
保護してくれるからなんです。

それと、お肌のターンオーバーを助けるビタミンB群もとても重要なんです。

ビタミンAが不足すると、お肌が乾燥しやすくなるんです。

その理由は、汗腺や皮膚の機能が低下して皮脂量が減り、角質層の保湿機能が
低下するからなんです。

また、ビタミンAが不足すると、皮膚が細菌乾燥を起こしやすくなることも
覚えておきましょう!

一方、『ベータカロチン』やトマトに含まれる『リコピン』が食物アレルギーや
花粉症を抑制することから、マウスで実験した結果、角質層水分量の低下抑制と、
皮膚の炎症細胞の増加抑制の両方があることが明らかになっているんです。

ビタミンCには、肌活的には、体内の活性酸素を除去してお肌のダメージを防ぎ、
また、皮膚のターンオーバーを整える作用があるんです。

ビタミンEには、強力な抗酸化作用で知られているんですが、肌活的には、
皮膚の血行を促進し、新陳代謝を促す作用がうれしいところなんですよ!

皮膚のバリア機能を強化し、乾燥肌を予防する働きもあるんです。

最後にビタミンB群もとても重要なんです。

ビタミンB2には、糖質や脂質の代謝を促進して皮膚の健康な成長を助ける作用があり、
欠乏すると皮膚のターンオーバーが乱れたり、乾燥などの肌荒れが
起きやすくなったりすることに気をつけてください。

ビタミンB6には、腸内細菌によっても合成されているんです。

ビタミンB6はホルモンバランスを整える作用があるので、不足すると湿疹、
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)、口内炎などの肌トラブルを招くんです。

ということで、アトピー性皮膚炎でお悩みの方は、肌活を実践してみませんか?

かゆみや湿疹といったつらい症状を早く抑えることができますよ!

ぜひ、この機会に肌活を行なってみてください。

今回も最後までブログをご覧いただき、ありがとうございました。

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?