アトピーの方はどのような食事を食べるのが良いのか?その食材に関する食事とは?

◆アトピーの方はどのような食事を食べるのが良いのか?その食材に関する食事とは?

はじめまして!

タイ古式マッサージ リラックス・ボディの久保です。

当店は東京JR中央線三鷹南口駅前徒歩2分の場所にあるタイ古式マッサージサロンです。

特に当店は重度のアレルギー疾患といった慢性的なアトピー性皮膚炎の改善を得意とする専門リンパマッサージサなんなんです。

おかげさまで当店は、すでに18年目に突入して、アトピー性皮膚炎を治療した患者様は1305名となり、三鷹でアトピーでは実績のあるサロンとなっています。

また、常連のお客様からは絶大なる信頼を得ることができて「アニキ」と呼ばれていて、とても親しまれています。

 

東京三鷹アトピー性皮膚炎改善

アトピーの方におすすめの食事について、記事を書いてみました。

アトピーとは、アレルギー性の皮膚炎で、痒みや湿疹などの症状が出ます。

アトピーの原因は、遺伝的な体質や環境的な刺激などが関係していると考えられています。

アトピーの治療には、薬やスキンケアなどがありますが、食事も重要な役割を果たします。

食事は、私たちの体を作るものであり、腸内環境や免疫力にも影響します。

アトピーの方は、食事によって症状を改善したり、悪化させたりする可能性があります。

では、アトピーの方はどのような食事を食べるのが良いのでしょうか。

以下に、アトピーの方におすすめの食事のポイントを5つ紹介します。

1.バランスの良い食事を心がける

アトピーの方には、特定の食品を摂ることや避けることが効果的だという証拠はありません。

しかし、バランスの良い食事を心がけることは、健康にとって基本的なことです。

バランスの良い食事とは、主食(炭水化物)、主菜(たんぱく質)、副菜(野菜や果物)の3つを毎食揃えることです。

これにより、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの必要な栄養素を摂ることができます。

特に、アトピーの方は皮膚のバリア機能が低下しているため、皮膚を作るために必要なたんぱく質や、新陳代謝を促すビタミン類を不足させないようにしましょう。

また、野菜や果物に含まれる食物繊維は、腸内環境を整えて免疫力を高める効果があります。

野菜は1日350g、果物は1日200gを目安に摂りましょう。

2.発酵食品や乳酸菌を摂る

発酵食品や乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らす効果があります。

善玉菌は、アレルギー反応を抑える働きを持つ免疫細胞を活性化させたり、アレルギー物質を分解したりします。

悪玉菌は、アレルギー物質を作ったり、炎症を引き起こしたりします。

腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると、アトピーの症状が悪化する可能性があります。

発酵食品や乳酸菌を摂ることで、腸内のバランスを整えてアトピーの症状を緩和することが期待できます。

発酵食品には、味噌、醤油、納豆、ぬか漬け、キムチなどがあります。

乳酸菌には、ヨーグルト、チーズ、カスピ海ヨーグルトなどがあります。

特に、L-92乳酸菌やカスピ海ヨーグルトの乳酸菌は、アトピー性皮膚炎の症状を改善するという研究結果があります。

発酵食品や乳酸菌は、毎日継続して摂ることが大切です。

3.n-3系脂肪酸を摂る

n-3系脂肪酸は、青魚や亜麻仁油、えごま油などに含まれる不飽和脂肪酸です。

n-3系脂肪酸は、アレルギー反応を抑える働きを持つサイトカインという物質を増やしたり、炎症を引き起こす物質を減らしたりします。

n-3系脂肪酸は、n-6系脂肪酸とのバランスが重要です。

n-6系脂肪酸は、マーガリンやドレッシング、スナック菓子などに多く含まれる不飽和脂肪酸です。

n-6系脂肪酸は、アレルギー反応を促進する働きを持つサイトカインという物質を増やしたり、炎症を引き起こす物質を増やしたりします。

n-6系脂肪酸とn-3系脂肪酸の比率は、2~4:1が理想とされていますが、現代人の食生活では、n-6系脂肪酸の摂取が過剰になりがちです。

n-6系脂肪酸の摂取を控え、n-3系脂肪酸の摂取を増やすことで、アトピーの症状を改善することが期待できます。

4.糖質を控える

糖質は、砂糖やパン、ご飯、麺類などに含まれる炭水化物です。

糖質は、血糖値を上げる働きをします。

血糖値が上がると、インスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンは、血糖値を下げる働きをしますが、同時にコルチゾールというホルモンも分泌されます。

コルチゾールは、ストレスホルモンとも呼ばれ、アレルギー反応を増やしたり、炎症を引き起こしたりします。

コルチゾールは、ステロイド薬の原料となるホルモンですが、ステロイド薬はアトピーの症状を一時的に抑えるだけでなく、副作用もあります。

糖質を摂りすぎると、血糖値の上昇と下降を繰り返し、コルチゾールの分泌が増え、アトピーの症状を悪化させていきます。

 

ぜひ、参考にしてみてください!

あなたのアレルギーやアトピーの症状がこれから改善することを心から願っております。

ありがとうございました。

◆ご予約はこちらを今すぐクリックしてください!
▼▼▼▼
https://www.thai-relaxbody.com/cgi-bin/ask.cgi?pid=24

◆LINE友達募集中!

https://line.me/R/ti/p/@071jusrz

電話からのご予約はこちら
ここをタップして電話をかける。
▼▼▼▼
TEL 0422-76-2022

◆LINEからのご予約
こちらをタップしてください。

https://line.me/R/ti/p/@071jusrz

◆LINE友達登録による感謝特典
①特典1:
只今、LINE友達登録のお客様感謝特典があります。(初回限定)

②特典2:
LINEスタンプが5個貯まるとメリットのあるクーポンも発行しています。

 

 

関連記事

最近の記事

  1. 蚊に刺された時に爪でバッテン印をつけるとかゆみが治まるのはなぜです…

  2. 「アロネーシス」(痒覚過敏)とはどんなものですか?

  3. 男性と女性でかゆみの感じ方に違いはありますか?

  4. かけばかくほど炎症が悪化するのはなぜですか?