アトピーの方に発酵食品が良い理由とは?

アレルギー性皮膚炎

◆アトピーの方に発酵食品が良い理由とは?

東京都三鷹のアトピーとアレルギーを得意とするタイ古式マッサージ リラックス・ボディの久保です。

当店は開業して17年が経過して、地元三鷹でアトピーとアレルギーの施術で、アトピー改善で1222名の治療実績のあるリンパマッサージサロンです。

東京三鷹アトピー治療

アトピー性皮膚炎の方に発酵食品が良い理由とは?について記事を書いてみました。

以下にご覧ください。

アトピー性皮膚炎の方に発酵食品が良い理由とは?

アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能が低下して炎症やかゆみが起こる病気です。

アトピー性皮膚炎の原因は、遺伝的な体質やアレルゲン、外的刺激、ストレスなどが複雑に関係しています。

食事もアトピー性皮膚炎の原因や症状に影響を与える可能性がありますが、どのような食べ物が良いか悪いかは一概には言えません。

個人差がありますし、食事だけで症状が改善するということはありません。

しかし、食事に気を付けることで、少しでも症状を和らげたり、悪化を防いだりすることはできます。

この記事では、特に発酵食品がアトピー性皮膚炎の方におすすめである理由を解説します。

発酵食品とは、ヨーグルトや味噌、納豆、チーズなど、微生物によって発酵された食品のことです。

発酵食品には、以下のような効果が期待できます。

◆発酵食品は腸内環境を改善する

発酵食品に含まれる乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、腸内で増殖して悪玉菌の活動を抑制し、腸内環境を改善する働きがあります。

腸内環境が整うと、消化吸収がスムーズになり、便通も良くなります。

また、善玉菌は免疫力を高める作用も持っています。

腸内環境とアトピー性皮膚炎の関係は、近年の研究で明らかになってきました。

腸内には免疫細胞の約70%が存在し、体内の異物やアレルゲンに対して反応しています。

腸内細菌叢(フローラ)と呼ばれる腸内の微生物群は、免疫細胞と相互作用して免疫バランスを調節しています。

しかし、腸内細菌叢が乱れると、免疫バランスも崩れて過敏反応や炎症が起こりやすくなります。

実際に、アトピー性皮膚炎の患者さんでは、健常者と比べて腸内細菌叢の多様性が低下していることが報告されています。

発酵食品を摂取することで、善玉菌を増やして腸内細菌叢を正常化し、免疫バランスを整えることができます。これにより、アトピー性皮膚炎の原因となるアレルゲンに対する過剰な反応を抑えたり、炎症を和らげたりすることが期待できます。

◆発酵食品は栄養価が高い

発酵食品は、微生物によって発酵される過程で、元の食品にはなかった栄養素が生成されたり、既存の栄養素が増加したりします。

例えば、ヨーグルトは牛乳よりもカルシウムやビタミンB群が多く含まれています。

味噌は大豆よりもタンパク質やビタミンB12が多く含まれています。

納豆は大豆よりもビタミンKやナットウキナーゼが多く含まれています。

チーズは牛乳よりもカルシウムやビタミンAが多く含まれています。

これらの栄養素は、アトピー性皮膚炎の予防や改善に役立ちます。

カルシウムは皮膚のバリア機能を強化する働きがあります。

ビタミンB群は皮膚の新陳代謝を促進し、肌荒れを防ぐ働きがあります。

ビタミンKは血液の凝固を促進し、出血を防ぐ働きがあります。

ナットウキナーゼは血液の流れを改善し、皮膚の血行を良くする働きがあります。

ビタミンAは皮膚の再生を促進し、傷や炎症を治す働きがあります。

発酵食品を摂取することで、これらの栄養素を効率的に摂取することができます。

また、発酵食品は消化吸収が良いため、胃腸に負担をかけずに栄養素を吸収することができます。

◆発酵食品はアレルギー反応を抑制する

発酵食品に含まれる乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、アレルギー反応を抑制する作用も持っています。

善玉菌は、免疫細胞から分泌されるアレルギー反応を引き起こす物質であるヒスタミンやロイコトリエンなどの産生を抑えたり、免疫グロブリンE(IgE)と呼ばれるアレルギー反応に関与する抗体の産生を減らしたりします。

また、発酵食品に含まれる乳酸菌やビフィズス菌は、口から摂取したアレルゲンに対して耐性をつける作用も持っています。

善玉菌は、口から摂取したアレルゲンと接触して免疫系に認識させることで、そのアレルゲンに対する過敏反応を低減させていきます。

◆ご予約はこちらを今すぐクリックしてください!
▼▼▼▼
https://www.thai-relaxbody.com/cgi-bin/ask.cgi?pid=24

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?