アトピーの方に必要な『かゆみ対策の6つのヒント』とは?

アトピー性皮膚炎

◆アトピーの方に必要な『かゆみ対策の6つのヒント』とは?

こんにちは!

三鷹タイ古式マッサージ リラックス・ボディです。

三鷹アトピー性皮膚炎

三鷹アトピー性皮膚炎

あなたは日常生活において、慢性的なつらいアトピーで
お困りではありませんか?

ちなみに、アトピー性皮膚炎でお困りの方で、かゆみ予防のための
『かゆみ対策6つのヒント』がありますので、お伝えしますね!

当店ではアトピー性皮膚炎において。肌活をおすすめしています。

でも、このかゆみ対策6つのヒントには、肌活と重なる部分もあって。、
とても参考になるので、ご紹介しますね!

◆かゆみ対策の6つのヒント

①入浴やシャワーはぬるめのお湯で、時間は10分以内で行なう。

②刺激を最小にするため、石鹸やローションは無香料のものを使う。
『無香料』と表示していても、刺激になる化学物質を含んでいることが
あるので、ご注意してください。

③衣服は木綿製で体を締め付けないものを選ぶ。

④極端な気温の変化を避ける。
家の中では比較的涼しく適度な湿度のある環境を保つ。
冬季に皮膚の乾燥や感染を起こしやすい人は、加湿器を使うとよい。

⑤かゆみはストレスで増すので、ストレスを避ける。

⑥薬剤の使用は皮膚科医の指示に従う。
薬剤を塗ってから全体の皮膚に保湿剤を塗る。

最後の⑥は間違っていないものの、注釈が必要でしょう!

なぜなら、薬剤は病変部位やかゆい部位にポイントを当てて、
塗るんですが、保湿剤は比較的広範囲に塗るからなんです。

そのため薬剤の上から保湿剤を塗ると、先に塗布した薬剤が
必要のない部位にまで広がることも考えられるんです。

従って、『保湿剤か薬剤かを問わず、塗布面積の広い方から
先に塗る。』いう考え方も成り立つわけなんです。

まとめますと、

アトピー性皮膚炎で、かゆみ予防のための重要なポイントで、
『かゆみ対策6つのヒント』があるんです。

その6つのヒントとは、

①入浴やシャワーはぬるめのお湯で、時間は10分以内で行なう。

②刺激を最小にするため、石鹸やローションは無香料のものを使う。
『無香料』と表示していても、刺激になる化学物質を含んでいることが
あるので注意。

③衣服は木綿製で体を締め付けないものを選ぶのが良い。

④極端な気温の変化を避ける。
家の中では比較的涼しく適度な湿度のある環境を保つ。
特に、冬季に皮膚の乾燥や感染を起こしやすい人は、
頻繁に加湿器を使うとよい。

⑤かゆみはストレスで増すので、ストレスを避ける。

⑥薬剤の使用は皮膚科医の指示に従う。

薬剤を塗ってから全体の皮膚に保湿剤を塗る。

というのが、かゆみ予防としても6つのヒントになります。

アトピー性皮膚炎のかゆみや湿疹、不眠症といった症状を
早く完治していきたいと考えているのなら、肌活を実践してみては
いかがでしょうか?

肌活によって、早くアトピー性皮膚炎の症状を抑えることができるんですよ!

ぜひ、この機会に肌活を取り組んでみてください。

今回も最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?