アトピーの人ほど汗をかいた方がいい!

アトピー性皮膚炎

◆アトピーの人ほど汗をかいた方がいい!

こんにちは!

三鷹タイ古式マッサージ リラックス・ボディです。

あなたは日常生活において、アトピーでお困りではありませんか?
それと普段から、汗をかいていますか?

アトピー性皮膚炎の患者様は、健康な人に比べて発汗量が少ない傾向があるんです。
そのために、ますます皮膚に熱がこもってしまうんです。

発汗量が少ない理由の1つに、汗をかくことを恐れて運動を控えることが挙げられるんです。
『汗はアトピー性皮膚炎を悪化させる。』という古く誤った常識にとらわれているのかもしれません。

今では、汗を十分にかかないと、むしろ症状は悪化すると言われていることを知っておきましょう!

アトピー性皮膚炎の患者様の発汗量が少ないもう1つの理由は、自律神経、特に交感神経の乱れによって
発汗機能が低下するためだと考えられているんですよ!
これを逆にいえば、発汗機能を向上させることが、アトピー性皮膚炎の治療となり得るんです。

皮膚炎でバリア機能が損なわれていると角質の水分量が不足するんですが、一方で、角質の水分量は発汗の影響を
受けることが新たにわかっているんです。

さらに最近の研究によって、保湿剤の一部に、安静時の発汗である『基礎発汗』を促す作用があることが発見されたんです。
なので、十分な保湿剤を使用することで発汗機能を向上させ、角質の水分量を回復することができるんです。

アトピー性皮膚炎の改善方法として、肌活を実践することで、アトピーの症状を早く完治に向かうことができるんです。

まとめますと、
アトピーの方で、汗を十分にかくことが大切で、汗をかかないとむしろ悪化してくるんです。

それは発汗機能を向上することで、アトピー性皮膚炎の治療ともなってくるんです。

バリア機能が損なわれている角質の水分量の不足を角質の水分量は発汗の影響を受けているんです。

保湿剤の一部に安静時の発汗である基礎発汗を促すことで、十分な保湿剤を使用することで発汗機能を向上させ、
角質の水分量を回復することができるんです。

なので、肌活を実践することで、発汗作用を働かせることで、
バリア機能を整え、保湿効果も角質の水分量を回復することができます。

ぜひ、肌活を実践して早くアトピーが完治することを願っております。

今回もブログを最後までご覧いただき、ありがとうございました。

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?