アトピーには『石鹸は1日1回まで!』この限界が重要!NO2

アトピー性皮膚炎

◆アトピーには『石鹸は1日1回まで!』この限界が重要!NO2

こんにちは!

三鷹タイ古式マッサージ リラックス・ボディです。

あなたは日常生活において、慢性的なつらいアトピーで
お困りではありませんか?

前回のブログでは、石鹸やボディソープで体を洗うのは、1日1回にしておきましょう!
とお伝えしました。

今回のブログは前回からの続きです。

私も肌が弱いので、体を洗う時は日本手ぬぐいを使っているんです。

感触が快く、石鹸で洗っても、皮膚はなんのダメージもないんですよ!

特にいけないのは、硬いナイロンタオルで全身をゴシゴシとこすり洗い
することなんです。

なので、保湿の3つの成分である皮脂、セラミド、NMFの3つの成分が
ごっそり失われてしまうんです。

ナイロンタオルは皮膚に色素沈着を起こすこともしばしばあり、
使わないのが賢明なんです。

なお、外で入浴する場合に、いわゆる『あかすり』をしてもらうことも
おすすめできません。

その理由は、角質層のほぼ全幅が取り去られてしまうからなんです。

角質層を取られてしまうと、お肌はミイラと同じになるとさえ、言えるんです。

では、よく美容目的で行なわれるピーリングはどうでしょう?

ピーリングには深さの段階があり、深く角質全層を取る場合は、ターンオーバー周期に
合わせて繰り返します。

あかすりやお肌のこすりすぎは、ターンオーバーを考えていません。

皮膚(角質)の修復を無視しているから、お肌に良くないんですよ!

まとめますと、

肌が弱い方には、体を洗う時は日本手ぬぐいを使うことをおすすめします。

硬いナイロンタオルで全身をゴシゴシとこすり洗いすると、保湿の3つの成分である
皮脂、セラミド、NMFの3つの成分がごっそり失われてしまうからなんです。

それと、『あかすり』をしてもらうこともおすすめできません。

その理由は、角質層のほぼ全幅が取り去られてしまうからなんです。

あとはピーリングも深く角質全層を取る場合は、ターンオーバー周期に
合わせて繰り返します。

あかすりやお肌のこすりすぎは、ターンオーバーを考えていないので、
皮膚(角質)の修復を無視しているから、お肌に良くないんですよ!

この機会にあなたも肌活を行なって、アトピー性皮膚炎の慢性的なつらいかゆみを
抑えていきませんか?

ぜひ、この機会に肌活を実践してみてください。

アトピー性皮膚炎が楽になりますよ!

今回も最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

最近の記事

  1. 蚊に刺された時に爪でバッテン印をつけるとかゆみが治まるのはなぜです…

  2. 「アロネーシス」(痒覚過敏)とはどんなものですか?

  3. 男性と女性でかゆみの感じ方に違いはありますか?

  4. かけばかくほど炎症が悪化するのはなぜですか?