アトピーでヒスタミンでなぜかゆくなるのか?

アトピー性皮膚炎

◆アトピーでヒスタミンでなぜかゆくなるのか?

東京都三鷹のアトピーとアレルギーを得意とするタイ古式マッサージ リラックス・ボディの久保です。

当店は開業して17年が経過して、地元三鷹でアトピーとアレルギーの施術で1222名の改善実績のあるリンパマッサージサロンです。

東京三鷹アトピー性皮膚炎

東京三鷹アトピー性皮膚炎

アトピーでヒスタミンでなぜかゆくなるのか?という質問に対して、以下のように回答します。

アトピー性皮膚炎は、遺伝的な素因や環境的な要因によって、皮膚のバリア機能が低下し、外部からの刺激に対して過敏に反応する病気です。

この反応は、免疫系が関与しており、免疫細胞からさまざまな物質が分泌されます。

その中の一つがヒスタミンです。

ヒスタミンは、アレルギー反応や炎症反応において重要な役割を果たす物質で、血管を拡張させたり、毛細血管の透過性を高めたりして、免疫細胞や栄養素を現場に運ぶ働きをします。

しかし、ヒスタミンは同時に神経末端に作用して、かゆみを引き起こす作用も持っています。

アトピー性皮膚炎の患者さんは、皮膚のバリア機能が低下しているため、ヒスタミンの分解能も低下しています。

そのため、体内にヒスタミンが溜まりやすくなります。また、皮膚の表面に近いところまで神経線維が伸びてきているため、わずかな刺激でもかゆみを感じやすくなります。

したがって、アトピー性皮膚炎では、免疫系の反応によって多量に分泌されたヒスタミンが神経線維に作用し、強いかゆみを引き起こすというメカニズムが考えられます。

しかし、アトピー性皮膚炎のかゆみはヒスタミンだけが原因ではありません。

実際には、ヒスタミン以外にも多くの物質がかゆみを誘発することが分かっています。

例えば、プロスタグランジンやロイコトリエンといった脂肪酸代謝物質や、サブスタンスPや神経ペプチドYといった神経伝達物質などです。

これらの物質は、それぞれ異なるレセプターを介して神経末端に作用し、かゆみを感じさせます。

そのため、抗ヒスタミン剤だけでは十分にかゆみを抑えることができません。

抗ヒスタミン剤は主に眠気を引き起こす副作用がありますが、眠っている間はかゆみを感じにくくなるという効果もあります。

アトピー性皮膚炎のかゆみを抑えるためには、抗ヒスタミン剤だけでなく、他の物質の分泌や作用を抑制する薬やサプリメントも併用する必要があります。また、皮膚のバリア機能を回復させるためにも、保湿や栄養補給などのスキンケアも重要です。

さらに、ストレスや睡眠不足などの生活習慣の改善もかゆみの軽減に効果的です。

以上のように、アトピーでヒスタミンでなぜかゆくなるのか?という質問に対して、ヒスタミンが神経線維に作用することでかゆみを引き起こすというメカニズムと、ヒスタミン以外にもかゆみを誘発する物質があることを説明しました。

また、かゆみを抑えるためには、抗ヒスタミン剤以外の薬やサプリメントやスキンケアや生活習慣の改善が必要であることも述べました。

◆ご予約はこちらを今すぐクリックしてください!
▼▼▼▼
https://www.thai-relaxbody.com/cgi-bin/ask.cgi?pid=24

 

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?