アトピーでステロイド剤を服用して、副作用が起こる原因はなぜなのか?服用してはいけない理由とは!

アトピー性皮膚炎 アレルギー性皮膚炎

◆アトピーでステロイド剤を服用して、副作用が起こる原因はなぜなのか?服用してはいけない理由とは!

こんにちは!タイ古式マッサージ リラックス・ボディの久保です。

当店は東京都三鷹市南口徒歩2分にあるタイ古式リンパマッサージサロンです。

特にアレルギー症状といったアトピー性皮膚炎の改善を得意とする専門リンパマッサージサロンです。

当店は開業して18年目に入り、アトピー性皮膚炎を治療した患者様は1286名となり、アトピーでは実績のあるサロンとなっています。

東京三鷹アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の治療にステロイド剤を服用する場合、副作用が起こる原因と服用してはいけない理由について、まとめてみます。

アトピー性皮膚炎とは、遺伝的な素因や環境的な要因によって、皮膚のバリア機能が低下し、外部からの刺激やアレルゲンに過敏に反応して、かゆみや湿疹を引き起こす病気です。

アトピー性皮膚炎の治療には、主に以下の3つの方法があります。

• 外用療法:ステロイド外用剤やタクロリムス軟膏などの抗炎症剤を皮膚に塗って、炎症やかゆみを抑える方法です。

• 内服療法:ステロイド内服剤や抗ヒスタミン剤などの薬を飲んで、全身的に免疫反応やかゆみを抑える方法です。

• 光線療法:紫外線やレーザーなどの光を皮膚に当てて、免疫細胞の活動を抑制したり、皮膚の再生を促したりする方法です。

このうち、ステロイド剤は外用でも内服でも使用できますが、その効果と副作用は異なります。ステロイド剤は、人間の体内で分泌されるホルモンの一種であり、免疫系や代謝系などに影響を与えます。

ステロイド剤は、アトピー性皮膚炎の原因となる過剰な免疫反応を抑えることで、炎症やかゆみを効果的に改善することができます。

しかし、ステロイド剤は必要以上に使用すると、体内のホルモンバランスを崩したり、免疫力を低下させたりすることで、さまざまな副作用を引き起こす可能性があります。

ステロイド外用剤の場合、副作用は主に局所的なものであり、以下のようなものがあります。

それは、

• 皮膚萎縮:皮膚が薄くなってしわや血管が目立ったり、傷つきやすくなったりすることです。

• 多毛:毛穴が開いて毛が濃くなったり、無毛部位に毛が生えたりすることです。

• にきび:毛穴が詰まって白ニキビや黒ニキビができたり、化膿したりすることです。

• 酒さ様皮膚炎:顔面に赤みやぶつぶつが出たり、毛細血管が拡張したりすることです。

• 白斑:色素細胞が減少して皮膚が白くなったり、色素沈着したりすることです。

• 感染:免疫力が低下して細菌や真菌などの感染にかかりやすくなったりすることです。

• 眼科的副作用:眼圧が上昇して緑内障や白内障を引き起こしたりすることです。

ステロイド外用剤の副作用は、使用量や使用期間、使用部位などによって異なりますが、一般的には以下のような傾向があります。

• 使用量が多いほど、副作用のリスクが高くなります。

• 使用期間が長いほど、副作用のリスクが高くなります。

• 使用部位が皮膚の薄いところや皮膚の折れ目など、吸収率の高いところほど、副作用のリスクが高くなります。

• ステロイド外用剤の強さ(ランク)が高いほど、副作用のリスクが高くなります。

ステロイド外用剤の副作用を防ぐためには、以下のような注意点があります。

• 医師の指示に従って、必要最小限の量と期間で使用することです。

• 皮膚状態に応じて、強さ(ランク)や使用頻度を調整することです。

• 顔や眼周囲などの皮膚の薄い部位や吸収率の高い部位には、弱めのステロイド外用剤を使用することです。

• ステロイド外用剤を使用する前後には、保湿剤を塗って皮膚を保護することです。

• ステロイド外用剤を使用中は、定期的に医師に診察してもらって、効果や副作用をチェックすることです。

ステロイド内服剤の場合、副作用は全身的なものであり、以下のようなものがあります。

• 体重増加:食欲が増したり、水分や塩分が体内に溜まったりすることで体重が増えたりすることです。

• 顔面月相:顔が丸くなったり、頬や顎に脂肪がついたりすることです。

• 高血圧:血管が収縮したり、水分や塩分が体内に溜まったりすることで血圧が上昇したりすることです。

• 糖尿病:インスリンの分泌や作用が低下したり、血糖値が上昇したりすることです。

• 骨粗鬆症:骨からカルシウムが流出したり、骨形成細胞の働きが低下したりすることで骨密度が低下したりすることです。

• 筋力低下:筋肉からタンパク質が流出したり、筋肉細胞の働きが低下したりすることで筋力が低下したりすることです。

• 感染:免疫力が低下して細菌やウイルスなどの感染にかかりやすくなったりすることです。

• 精神障害:不安や抑うつなどの気分障害や、興奮や幻覚などの精神病状態を引き起こしたりすることです。

ステロイド内服剤の副作用は、使用量や使用期間によって異なりますが、一般的にはいろいろながあります。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

あなたのアレルギーやアトピーの症状が改善することを心から願っております。

ありがとうございました。

◆ご予約はこちらを今すぐクリックしてください!
▼▼▼▼
https://www.thai-relaxbody.com/cgi-bin/ask.cgi?pid=24

◆LINE友達募集中!

https://line.me/R/ti/p/@071jusrz

電話からのご予約はこちら
ここをタップして電話をかける。
▼▼▼▼
TEL 0422-76-2022

◆LINEからのご予約
こちらをタップしてください。

https://line.me/R/ti/p/@071jusrz

◆LINE友達登録による感謝特典
①特典1:
只今、LINE友達登録のお客様感謝特典があります。(初回限定)

②特典2:
LINEスタンプが5個貯まるとメリットのあるクーポンも発行しています。

 

 

関連記事

最近の記事

  1. 蚊に刺された時に爪でバッテン印をつけるとかゆみが治まるのはなぜです…

  2. 「アロネーシス」(痒覚過敏)とはどんなものですか?

  3. 男性と女性でかゆみの感じ方に違いはありますか?

  4. かけばかくほど炎症が悪化するのはなぜですか?