かゆみの改善に役立つ栄養はあるか?

こんにちは!

当店の患者様より、首題による質問がありましたので、ご回答させていただきます。

東京三鷹アレルギー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎によるかゆみの原因の多くは、皮膚のバリア機能の
低下による肌の乾燥にあるんです。

それを予防するためには、日々のスキンケアや薬物療法はもちろんのこと、バランスのいい食事を心がけ、必要の栄養素をしっかり摂ることも大事になるんです。

栄養素の中でも、健康的な肌を保つうえで、特に欠かすことのできないビタミン類は、
以下の通りです。

●ビタミンC(アスコルピン酸)

ビタミンCはコラーゲンの生成に必要な栄養素で、不足すると肌の乾燥が起こります。

ビタミンCには、肌の老化を予防する働きや、血液中の活性酸素を取り除く働きを行なう抗酸化作用があるんですよ!

肌は老化することで乾燥を招き、かゆみを引き起こすため、必須の栄養素と言えるんです。

主にイチゴやキウイなどのフルーツ、野菜などの食品に多く含まれます。

●ビタミンE

ビタミンEには血行を促し、新陳代謝を促進する働きがあるんです。

また、抗酸化作用もあり、活性酸素から肌細胞を守るという働きも期待できるんですよ!

主にゴマやアーモンド、ナッツ、アボガド、ヒマワリ油、オリーブオイルなどの食品に多く含まれています。

●ビタミンA

ビタミンAは角層の天然保湿因子(NMF)の生成を促したり、皮膚や粘膜を正常に維持したりする働きがあるんです。

ビタミンAが不足すると角層の保湿力が低下し、肌が乾燥するようになり、かゆみの症状につながることがあるんですよ!

主にレバーやウナギ、ニンジンやホウレンソウなどの緑黄色野菜、卵、バターなどの食品に多く含まれています。

●ビタミンB群

ビタミンB2やビタミンB6などからなるビタミンB群は、肌のターンオーバーを正常に維持し、皮膚や粘膜の健康を保つという働きがあるんです。

ビタミンB群が不足すると、肌の乾燥やニキビなどの肌トラブルの原因になるんですよ!

主にレバーや豚肉、赤みの魚、ウナギ、ホウレンソウ、パプリカ、納豆、牛乳などの食品に多く含まれています。

そこで、当店で現在、とてもおすすめなのが、血液とリンパと気の流れを良くすることで、体内に溜まった嫌な毒素を体外に排出してアレルギー症状を良くしていく当店のタイ古式リンパマッサージが常連の方と新規の方に大好評となっています。

ちなみに、当店のタイ古式リンパマッサージは、血液とリンパの流れと気の流れを良くして活性化していくことで、自律神経や代謝やホルモンバランスを良くするため、他店の施術のような一時しのぎの対処療法ではなく、当店では根本治療をメインで行なっていく手法なので、かゆみや湿疹などには、とても効果的な根本手技療法となっています。

当店では、あなたのつらいかゆみと湿疹などといった症状で、で慢性的なアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎の症状が1日でも早く完治することを心から願っています。

ブログをお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

最近の記事

  1. 酒やタバコはアトピー性皮膚炎を悪化させますか?

  2. かゆみを招きやすい食べ物はありますか?

  3. ビタミンDはアトピー性皮膚炎に効果はありますか?

  4. 乳酸菌はアトピー性皮膚炎に効果がありますか?