かゆみの原因はまさか1ヶ月前の『●●』だった!

アトピー性皮膚炎

◆アトピーの方で、原因はまさか1ヶ月前の『●●』だった!

こんにちは!

三鷹タイ古式マッサージ リラックスボディです。

あなたは日常生活において、慢性的なつらいアトピーで
お困りではありませんか?

アトピー性皮膚炎の症状をお持ちの患者様から、
『1ヶ月も前のあれが原因だったんですか?』と絶句した
30代の女性がいたんです。

発端は左のすねに、かゆみのある赤い発疹がポチッと1つできたことでした。

家にあったかゆみ止めをつけたんですが、何日経っても
かゆみが治まりません。

発疹も少しずつ増えて四角い形になってしまい、怖くなって
来店したんです。

さっそく、カウンセリングして原因を突き止めていきました。

すると、原因はなんと1ヶ月前の『湿布薬』だったことが
わかったんです。

そして、すぐに皮膚科に行って診察をしてもらいました。

彼女はその頃、テニスで筋肉痛になったんです。

そこで、以前に医者から処方された湿布薬の残りを使ったんです。

それは炎症や痛みを抑える湿布薬によく配合されるケトプロフェンという
成分を含むものでした。

ケトプロフェンは湿布薬をはがしても、しばらく皮膚の中に残るんです。

その状態で紫外線を浴びると、『光接触皮膚炎』という症状が出ることがあるんです。

光接触皮膚炎とは、日光に当たると、原因物質のある部分に、かゆみと
赤い発疹や丘疹(エンドウマメ以下の大きな腫れものが生じる症状なんです。

まとめますと、

原因はなんと1ヶ月前の『湿布薬』だったことがわかったんです。

それは炎症や痛みを抑える湿布薬によく配合されるケトプロフェンという
成分を含むものでした。

ケトプロフェンは湿布薬をはがしても、しばらく皮膚の中に残るんです。

その状態で紫外線を浴びると、『光接触皮膚炎』という症状が出ることがあるんです。

慢性的なアトピーのかゆみ湿疹を抑え、完治していくためにも、肌活を
実践していきませんか?

かゆみ、不眠症、ストレス、イライラ、自律神経の乱れ、精神疲労といった
つらい症状が楽になってスッキリしますよ!

肌活を行なうことによって、あなたのアトピーのかゆみが早く改善していくことを
心から願っています。

今回も最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

最近の記事

  1. 当店の施術は足を重点的に施術してリンパと血液の気の流れを良くして、…

  2. 根本療法で免疫力を上げるので、アトピーの方に大人気の理由は?

  3. 毛細血管の働きも良くなるとアトピーに効果的な理由とは!

  4. なぜ、施術でむくみを解消して毒素を排出することでアトピーに効くのか…