【事例7】空気が乾燥すると鼻の中がムズムズ突っ張る時は?

ノーズドライ

【事例7】空気が乾燥すると鼻の中がムズムズ突っ張る時は?

こんにちは!

東京三鷹のタイ古式マッサージ リラックス・ボディです。

東京三鷹かゆみ抑制

あなたは日常生活の中で、慢性的なつらいアトピーやかゆみや
湿疹といった症状でお困りではありませんか?

当店の患者様から、よく聞かれることは『空気が乾燥すると鼻の中が
ムズムズ突っ張る時は何が原因なの?』と質問されることがあるんです。

その症状は推定なんですが、おそらく、ドライノースという
乾燥性鼻炎、または鼻のほじくりすぎと考えられます。

ちなみに、涙が減少するドライアイや、唾液が不足するドライマウスは
よく知られているんですが、ドライノースというのもあるんです。

◆【症状】

鼻の粘膜が乾いてムズムズします。

鼻の中のかゆみ、突っ張る感じ、鼻をかみたいけど、鼻水は出てこないという
症状も現れるんです。

進行すると鼻水がカピカピに乾いてかさぶたのようになり、無理に
はがそうとすると、出血や炎症の原因になるんです。

鼻の中の粘膜は湿っているからこそ、塵やウイルス、細菌などの
果物をからめ取り、体内への侵入を防ぐことができるんです。

粘膜が乾燥してしまうと、異物が侵入して感染症にかかるリスクが
高くなってしまうんです。

◆【原因】

主な原因は、空気の感染なんです。

また、鼻をスッキリさせたいとティッシュで掃除したり、指で
ほじくりすぎたりする人もドライノーズになりやすいと言われているんです。

◆【対処法】

ドライノーズは、空気が感染している冬に多く発生するんです。

しかし、近年ではエアコンの普及により、家や職場でも一年中、
空気が乾燥する傾向があるんです。

特に、オフィス、飛行機、新幹線といった機密性の高い場所は、
季節を問わず乾燥しているんです。

そういう場所に長時間いる場合は、次のような乾燥対策をしましょう!

①マスクに濡らしたガーゼをつけて装着する。

②生理食塩水を綿棒につけ、鼻の中にくるくると塗る。

鼻粘膜を傷つけないように、やさすき塗ることが大切なんです。

神経質になってあまり頻繁に塗ると、傷つけやすくなってしまうんです。

③病院で鼻洗浄用の液体やスプレーを処方してもらう。

④加湿器などで湿度を保つ。

個人用の小さな加湿器が市販されています。

まとめますと、

空気が乾燥すると鼻の中がムズムズ突っ張る時は何が原因なの?と
質問されることがあるんです。

その症状はおそらく、ドライノースという乾燥性鼻炎、または
鼻のほじくりすぎと考えられます。

症状は、鼻の粘膜が乾いてムズムズします。

鼻の中のかゆみ、突っ張る感じ、鼻をかみたいけど、鼻水は出てこないという
症状も現れるんです。

進行すると鼻水がカピカピに乾いてかさぶたのようになり、無理に
はがそうとすると、出血や炎症の原因になるんです。

鼻の中の粘膜は湿っているからこそ、塵やウイルス、細菌などの
果物をからめ取り、体内への侵入を防ぐことができるんです。

粘膜が乾燥してしまうと、異物が侵入して感染症にかかるリスクが
高くなってしまうんです。

主な原因は、空気の感染なんです。

かゆみや湿疹、アレルギーでお悩みの方は、肌活を実践してみませんか?

かゆみや湿疹、アレルギーといったつらい症状を早く抑えることができますよ!

ぜひ、この機会に肌活を行なって楽になってください。

今回も最後までブログをご覧いただき、ありがとうございました。

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?