【事例6】何かを食べると手がかゆくなる時は?

肌活

◆【事例6】何かを食べると手がかゆくなる時は?

こんにちは!

東京都三鷹市のタイ古式マッサージ リラックスボディです。

東京三鷹金属アレルギー

あなたは日常生活において、慢性的なつらいアトピーやアレルギー、
かゆみや湿疹といった症状でお悩みではありませんか?

当店のお客様からよく聞かれることがあるんです。

それは、何かを食べると手がかゆくなる時は何が原因なの?
といった質問なんです。

このような症状はおそらく、金属アレルギーといった
症状ではないかと思われます。

4歳の女の子が来店されました。

お母さんは、『チョコレートを食べると手がかゆくなるんです』
と言います。

しかし、単なるチョコレートのアレルギーであれば、全身に症状が
出るはずです。

『なぜ、手の平だけ?』と思ってよく話を聞くと、女の子は母親の
携帯電話を触って遊んでいる時にも、手がかゆくなるようでした。

私は携帯電話の製造会社に原材質を聞き出そうとしても
教えてくれません。

半年かかって、ようやくニッケルメッキを使っていることが
わかったんです。

一方で私は、女の子のアレルギーを調べるために、パッチテストを
行なっていたんですが、ニッケルに強い陽性反応が出てきたんです。

女の子はブランコや鉄棒で遊ぶのが大好きだそうです。

汗をかいた手でブランコの鎖や鉄棒を触り、合金の原料の1つである
ニッケルが経皮感作によって体内に入り、金属アレルギーになって
いたと考えています。

その後、皮膚科専門医に診てもらった結果、診断はやはり、
『金属アレルギー』になりました。

◆【注意点】

金属アレルギーには、『金属接触アレルギー』と『全身型金属アレルギー』の
2種類があるんです。

金属接触アレルギーには、アクセサリーや時計、コイン、機械などに
含まれる金属が、皮膚に直接接触し、皮膚炎を起こすんです。

以前、『手湿疹』の質問に回答したように、指輪の金属成分が微量に
溶け出して皮膚を刺激し、その部分がかぶれるといったケースが
多いので、因果関係がつかみやすいと言えるんです。

そして、全身型金属アレルギーは、食物アレルゲンや特定の金属が
体内に吸収されて種々の発疹が起こすものなんです。

この女の子の事例のように、因果関係をつかむのが容易でない
場合もしばしばあるんです。

全身型金属アレルギーで多いのは、歯に詰めたアマルガム
(銀、スズ、銅、亜鉛の粉末と無機水銀との合金)などの金属が
原因になっているケースなんです。

長い年月をかけて唾液に溶け出した微量の金属が体内を巡り、
その金属イオンが汗とともに手の平に排出された時に、
アレルギー症状を起こして湿疹が起こるんです。

金属アレルギーが原因でかゆみが起こっていると、原因となる
金属や、それが含まれる食物を避けるしかないんです。

チョコレートはニッケルを含む代表的な食品とも言われているんです。

この女の子もチョコレートを食べることで、ニッケルアレルギーが
さらに強くなっていたと考えられるんです。

一般的にニッケルアレルギーのある人は、アーモンドやピーナッツなどの
ナッツ類、牡蠣、ハマグリ、生ウニなどの魚介類などを食べても
皮膚がかゆくなることがあるんです。

まとめますと、

何かを食べると手がかゆくなる時はおそらく、金属アレルギーといった
症状ではないかと思われます。

単なるチョコレートのアレルギーであれば、全身に症状が出るはずです。

『なぜ、手の平だけ?』と思ってよく話を聞くと、女の子は母親の
携帯電話を触って遊んでいる時にも、手がかゆくなるようでした。

形態電話の原材質を調べてみると、ようやくニッケルメッキを
使っていることがわかったんです。

一方で私は、女の子のアレルギーを調べるために、パッチテストを
行なっていたんですが、ニッケルに強い陽性反応が出てきたんです。

女の子はブランコや鉄棒で遊ぶのが大好きだそうです。

汗をかいた手でブランコの鎖や鉄棒を触り、合金の原料の1つである
ニッケルが経皮感作によって体内に入り、金属アレルギーになって
いたと考えています。

注意点として、金属アレルギーには、『金属接触アレルギー』と
『全身型金属アレルギー』の2種類があるんです。

金属接触アレルギーには、アクセサリーや時計、コイン、機械などに
含まれる金属が、皮膚に直接接触し、皮膚炎を起こすんです。

以前、『手湿疹』の質問に回答したように、指輪の金属成分が微量に
溶け出して皮膚を刺激し、その部分がかぶれるといったケースが
多いので、因果関係がつかみやすいと言えるんです。

そして、全身型金属アレルギーは、食物アレルゲンや特定の金属が
体内に吸収されて種々の発疹が起こすものなんです。

チョコレートはニッケルを含む代表的な食品とも言われているんです。

この女の子もチョコレートを食べることで、ニッケルアレルギーが
さらに強くなっていたと考えられるんです。

アトピーやアレルギー症状、かゆみや湿疹を早めに抑えるには、
まずは肌活が行なうことが一番大切なんですよ!

ぜひ、あなたもアトピー性皮膚炎やアレルギー症状をを抑えるためにも、
肌活を実践してみませんか?

肌活を継続的に行なうことで、ストレス、イライラ、精神疲労、不眠症、
自律神経の乱れといった症状を改善することができますよ!

今回もブログを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?