【事例3】お尻の内側からかゆみを感じる時は?

◆【事例3】お尻の内側からかゆみを感じる時は?

こんにちは!

東京都三鷹市のタイ古式マッサージ リラックスボディです。

東京三鷹痔

あなたは日常生活において、慢性的なつらいアトピーやアレルギー、
かゆみや湿疹といった症状でお悩みではありませんか?

当店のお客様から、腰痛で来られた方から聞かれたことがあったんです。

それはお尻の内側からかゆみを感じる時は何が原因なの?
といった質問なんです。

このような症状はおそらく、痔といった症状ではないかと思われます。

お尻のかゆみは外部刺激によって生じるケースと、内側から
発生するケースがあるんです。

内側から発生する原因で多いのが、痔なんです。

穴痔やイボ痔といった痔によって、肛門の周辺にかゆみが
生じることもあるんです。

穴痔とは、肛門の周りの傷が炎症を起こして、ウミが溜まった
状態のことを言うんです。

炎症からの分泌物がかゆみを引き起こすことがあるんです。

イボ痔とは、肛門周辺の血管がうっ血を起こし、イボ状の塊に
なることを言うんです。

イボから出る血液や粘膜がかゆみを引き起こす場合があるんです。

いずれの場合も、痔の治療をすることが、かゆみの根本的な
対処法になるんです。

まとめますと、

お尻の内側からかゆみを感じる時は、痔といった
症状ではないかと思われます。

ちなみに、お尻のかゆみは外部刺激によって生じるケースと、
内側から発生するケースがあるんです。

内側から発生する原因で多いのが、痔なんです。

穴痔やイボ痔といった痔によって、肛門の周辺にかゆみが
生じることもあるんです。

穴痔とは、肛門の周りの傷が炎症を起こして、ウミが溜まった
状態のことを言うんです。

炎症からの分泌物がかゆみを引き起こすことがあるんです。

アトピーやアレルギー、かゆみや湿疹や痔を抑えるには、まずは肌活が
行なうことが一番大切なんですよ!

ぜひ、あなたもアトピー性皮膚炎を抑えるためにも、肌活を実践してみませんか?

肌活によって、ストレス、イライラ、精神疲労、不眠症、自律神経の乱れといった
症状を改善することができますよ!

今回もブログを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最近の記事

  1. アトピー性皮膚炎の場合、体をこまめに洗った方が良いですか?

  2. 保湿剤はどのくらい塗ればいいですか?

  3. 保湿剤はいつ塗るのがいいですか?

  4. ハンドクリームを保湿剤代わりに使っても大丈夫ですか?