【事例1】手が荒れてかゆい時は?

手湿疹

東京三鷹温活

◆【事例1】手が荒れてかゆい時は?

こんにちは!

東京三鷹のタイ古式マッサージ リラックス・ボディです。

東京三鷹手湿疹

あなたは日常生活において、慢性的なアトピー、アレルギー、
かゆみ、湿疹といった症状でお悩みではありませんか?

手のかゆみには、こんな可能性があるんです。

手がかゆい時には、手湿疹、カンジダ性指間びらん症、接触皮膚炎、
手白癬、異汗性湿疹、金属アレルギー、しもやけなどが疑われます。

手は皮膚の中で、最も様々なものに触れるパーツなんです。

寒さや暑さなどにもさらされるんです。

そのような要因にも考慮することが大切なんです。

当店の患者様より、よく聞かれることは、手が荒れてかゆい時は、
何が原因なのでしょうか?と質問されることがあるんです。

その症状はおそらく、手湿疹が挙げられます。

水仕事が多い方で、手がカサカサに乾燥したり、ブツブツした
発疹や赤みが認められたり、かゆみを感じたりする場合は、
手湿疹の可能性があるんです。

◆【症状】

手湿疹とは、手に触れるものの刺激によって、手の平や指に
生じる皮膚炎なんです。

ひどくなると、皮膚がゴワゴワしと硬くなり、角質がはがれ落ち、
出血を伴うひび割れが生じる『進行性指掌角皮症』になって
しまうことがあるんです。

かつては主婦に多かったので『主婦湿疹』とも呼ばれていましたが、
最近では子育てをする『イクメン』の来店も増えているんです。

鮮魚店従業員、理美容師、看護師など、頻繁に洗剤や水に触れたり、
消毒したりする方にも多い疾患なんです。

◆『原因』

原因の多くは普段使っている洗剤などなんです。

雑巾を絞る、頻繁にタオルで手を拭くといった布との
摩擦が原因となることもあるんです。

◆【対処法】

洗剤は低刺激のものに変え、薄めて使用量も少なめにしましょう。

洗剤が手に直接触れないようにビニール手袋をはめるのも
有効なんです。

ゴム手袋は手を刺激することがありますので注意してください。

極端に冷たい水や熱いお湯は皮膚に刺激を与えるために避け、
できるだけぬるま湯にするんです。

水仕事後には、ハンドクリームなどで手指を保湿する肌活が
大切なんです。

寒さは手湿疹を悪化させるので、寒い時は防寒用の手袋も
忘れないでください。

かゆみに耐えられない時は『患部を冷やす』方法を、また、
就眠中にかきむしってしまう人は『布の手袋をする』方法を
試してみましょう。

湿疹が悪化して進行性指掌角皮症になると皮膚が硬く厚くなり、
処方された軟膏をただ塗っても、皮膚内部に浸透しないんです。

寝る前に、ぬるま湯に20分間ほど手をつけて角質をふやかしてから
軟膏を塗る『ソーク・アンド・スミア』が効果的なんです。

ソーク・アンド・スミアが最も有効なのは進行性指掌角皮症なんです。

まとめると、

手のかゆみには、手湿疹、カンジダ性指間びらん症、接触皮膚炎、
手白癬、異汗性湿疹、金属アレルギー、しもやけなどが疑われます。

手は皮膚の中で、最も様々なものに触れるパーツなんです。

寒さや暑さなどにもさらされるんです。

手が荒れてかゆい時は、その症状はおそらく、手湿疹が挙げられます。

水仕事が多い方で、手がカサカサに乾燥したり、ブツブツした
発疹や赤みが認められたり、かゆみを感じたりする場合は、
手湿疹の可能性があるんです。

症状としては、手湿疹とは、手に触れるものの刺激によって、
手の平や指に生じる皮膚炎なんです。

ひどくなると、皮膚がゴワゴワしと硬くなり、角質がはがれ落ち、
出血を伴うひび割れが生じる『進行性指掌角皮症』になって
しまうことがあるんです。

原因の多くは普段使っている洗剤などなんです。

雑巾を絞る、頻繁にタオルで手を拭くといった布との
摩擦が原因となることもあるんです。

対処法としては、洗剤は低刺激のものに変え、薄めて使用量も
少なめにすることなんです。

洗剤が手に直接触れないようにビニール手袋をはめるのも
有効なんです。

でも、ゴム手袋は手を刺激することがありますので注意してください。

普段からかゆみや湿疹といったアトピーやアレルギー症状で
お悩みの方は、肌活を実践してみませんか?

かゆみや湿疹といったつらい症状を早く抑えることができますよ!

ぜひ、この機会に肌活を行なって楽になってください。

今回も最後までブログをご覧いただき、ありがとうございました。

東京三鷹のタイ古式マッサージ リラックス・ボディの代表兼ほぐしストの久保哲司です。
タイ古式リンパマッサージ店を開業しています。
当店は開業16年の施術実績があり、常連のお客様からの信頼も得ています。
常連のお客様からは【アニキ】と呼ばれています。

◆【開業のきっかけ】
開業したきっかけは、サラリーマン時代に自分が腰痛(腰椎椎間板ヘルニア)になった辛い経験から、腰痛持ちでお悩みの方を助けてあげたいと思い、この商売を始めました。
リンパの流れと血流と気の流れで症状を改善します。

現在はタイ古式リンパマッサージのリンパの流れと血液の流れのメリットを生かすため、肝機能と腎機能の活性化を目指し、アトピー性皮膚炎とアレルギー疾患に特化した施術に取り組んでいます。

開業16年の治療家経験が、あなたのアトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎の克服につながるよう、あなたの健康を見守っていきます。

アトピー治療には、本場タイではハーブの宝庫であるタイ式ハーブマッサージの導入により、ハーバルボールと呼ばれている薬草玉を使い、ハーバルボールを使った温熱療法により、効果的にアトピー性皮膚炎を根本から改善していきます。
アトピーによるかゆみや湿疹でお悩みの方は、ぜひ、アトピー改善セラピーをお試しください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆プロフィール

●2006年4月~2007年9月

サラリーマン退職後、4月より、タイに渡り、
マッサージの総本山であるワットポーにて、タイ古式マッサージの修行および
その他の施術を学ぶ。

●2006年4月~2006年10月

タイ古式マッサージ、マッサージセラピー取得

●2006年7月~2006年9月

タイ式フットマッサージ取得

●2006年10月~2006年12月
中国式フットマッサージ取得

●2006年10月~2007年7月
タイ古式マッサージ、アドバンスコース取得

治療を目的とした施術療法を学ぶ。

●2007年1月~2007年3月
タイ式ベビーマッサージ取得

●2007年2月~2007年4月
ルーシーダットン(タイ式ストレッチ)アドバイザー取得

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●タイドイ・ナム・サブマッサージスクール

●2006年10月~2007年3月
タイ式ハーブマッサージ取得
薬草玉(ハーバルボール)による温熱療法
アトピー性皮膚炎の施術療法に効果抜群!

●2007年7月~2008年1月
トークセン(木づちマッサージ)取得

※詳しいマッサージ取得情報は、当店の施術室に貼ってある
各マッサージ修了証をご覧ください。

ありがとうございました。

関連記事