【事例1】お尻がかゆい時は?

接触性皮膚炎

◆【事例1】お尻がかゆい時は?

こんにちは!

東京都三鷹市のタイ古式マッサージ リラックスボディです。

東京三鷹接触皮膚炎

あなたは日常生活において、慢性的なつらいアトピーやアレルギー、
かゆみや湿疹、かぶれといった症状でお悩みではありませんか?

ちなみに、デリケートゾーンとお尻のかゆみには、
こんな症状の可能性があるんです。

デリケートゾーンとお尻のかゆみには、様々な原因が
考えられるんです。

接触皮膚炎、カンジダ症、温水洗浄便座のカビ、便秘、下痢、
ぎょう虫、痔、乾燥、ケジラミ症、疥癬、尖圭コンジローマ、
ヘルペス感染症、糖尿病、おしっこかぶれ、拭き取りグッズ、
硬い椅子などです。

当店の患者様によく聞かれることは、お尻がかゆい時は
何が原因なの?と質問されるんです。

その症状はおそらく、接触皮膚炎ではないかと思われます。

『最近お尻がかゆい~。困ったなあ』という場合に一番多い
原因がかぶれという接触皮膚炎なんです。

たとえば、暑い時期に通気性の悪い素材の下着を付けたり、
ギュッと締め付けるタイプの下着を常用したりしていると、
蒸れてかぶれ、かゆくなるんです。

また、『デリケートな部位だから清潔にしなくっちゃ!』と、
洗いすぎたり、こすりすぎたりして肌が荒れ、かゆみを
感じる人もいるんです。

こうしたお尻のかゆみは、多くの場合、原因を排除すると、
自然に治っていくんです。

まとめますと、

お尻がかゆい場合に一番多い原因がかぶれという接触皮膚炎なんです。

暑い時期に通気性の悪い素材の下着を付けたり、
ギュッと締め付けるタイプの下着を常用したりしていると、
蒸れてかぶれ、かゆくなるんです。

アトピーやアレルギー症状、かゆみや湿疹、かぶれを早めに抑えるには、
まずは肌活が行なうことが一番大切なんですよ!

ぜひ、あなたもアトピー性皮膚炎やアレルギー症状を抑えるためにも、
肌活を実践してみませんか?

肌活を継続的に行なうことで、ストレス、イライラ、精神疲労、不眠症、
自律神経の乱れといった症状を改善することができますよ!

今回もブログを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

最近の記事

  1. 蚊に刺された時に爪でバッテン印をつけるとかゆみが治まるのはなぜです…

  2. 「アロネーシス」(痒覚過敏)とはどんなものですか?

  3. 男性と女性でかゆみの感じ方に違いはありますか?

  4. かけばかくほど炎症が悪化するのはなぜですか?