「じんましん」が出たり消えたりするのですが、原因はわかりますか?

アトピー性皮膚炎

こんにちは!

当店の常連の患者様から、首題における質問をあったので、ご回答させていただきます。

東京三鷹アトピー性皮膚炎

じんましんは食べ物、ダニ、ホコリ、花粉などのアレルギーを起こす物質の誘導による「アレルギー性じんましん」と暑さ、寒さなど身の回りの環境によって起こる「非アレルギー性じんましん」に大別されるんです。

いずれも主な症状は、「赤く腫れてかゆい」ことなんです。

原因がわかればそれを除くことで、じんましんは良くなるんですよ!

しかし、じんましん発症の約70%は原因が不明なんです。

原因不明で自発的に出現し、じんましんの多くを占めているのが、「特発性のじんましん」です。

発症してからの期間が6週間以上経過したものを「慢性じんましん」と呼んでいます。

多くは特発性で何もしなくても1~2時間ぐらいで徐々に発疹が始まり、24時間以内にあとを残さず自然に消えるんです。

ただし、かゆみや発疹が長く続く、あるいは咳や腹痛、嘔吐などの症状がある場合、繰り返し症状が現れる場合は、皮膚科を受診してください。

特発性のじんましんの他、特定の刺激ないし負荷によって起こる「刺激誘発型のじんましん」、赤みがなく皮膚の盛り上がりが少ない「血管性浮腫」があり、別の病気が原因の場合もあるんです。

「じんましん関連疾患」というんですよ!

じんましんは、原因な不明なことが多いとはいえ、「食物」「薬品」「気温の変化」「摩擦や締め付け」「ストレス」など、身近な要因で起こるんです。

繰り返しじんましんが出る人は、じんましんが出た時の状況を思い出し、できる範囲で原因や悪化因子を調べ、対策を取ることがとても大切なんですよ!

実は当店でとてもおすすめなのが、血液とリンパと気の流れを良くすることで、体内に溜まった頑固な毒素を体外に排出して症状を良くしていく、当店のタイ古式リンパマッサージが常連の方に大人気となっています。

ちなみに、当店のタイ古式リンパマッサージは、血液とリンパと気の流れを良くして活性化していくことで、代謝やホルモンバランスを良くするため、対処療法ではなく、根本治療をメインで行なっています。

なので、かゆみや湿疹などには、とても効果的な根本手技療法となっています。

当店では、あなたのかゆみと湿疹で辛いアトピー性皮膚炎の症状が1日でも早く完治することを心から願っています。

ブログをお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

最近の記事

  1. 酒やタバコはアトピー性皮膚炎を悪化させますか?

  2. かゆみを招きやすい食べ物はありますか?

  3. ビタミンDはアトピー性皮膚炎に効果はありますか?

  4. 乳酸菌はアトピー性皮膚炎に効果がありますか?